「HiGH&LOW THE WORST」鬼邪高の戦いが過熱する、新たな劇中歌4曲が解禁

映画・舞台 公開日:2019/07/18 10
この記事を
クリップ

累計観客動員450万人・興行収入65億円突破、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと累計7500万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)との、奇跡のクロスオーバーの実現で話題となっている映画『HiGH&LOW THE WORST』
が10月4日より全国公開となる。

この度、本作の劇中歌として起用されている10曲のうち4つの楽曲の詳細が新たに解禁。昨夜(7/17)から、放送がスタートしたTVドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O」 の中でイチ早く初お披露目された。





まず1曲目は、轟のテーマとして起用されているEXILE THE SECONDの 『Ain‘t Afraid To Die』。実力的に鬼邪高全日制のトップの強さを誇る轟(前田公輝)だが、今回のドラマでも静かに本を読み過ごす姿が見られるなど、クールで秀才な一面も見せている。静かなる獅子が一度火が付くと獰猛な瞳で立ち向かってくるかのような彼のイメージとピタリと重なる、内なる闘志を感じるクールな楽曲となっている。

さらに2曲目は、中・中一派のテーマとして起用されているSWAYの『ON FIRE』。中・中一派は中越(神尾楓珠)と中岡(中島健)という二人の「中」にちなんで名乗りを上げるが、ドラマの中ではまだ一年である中越が一人で登場し、ドアを軽々と蹴破るや否や睨みをきかせ学年を仕切ると宣言。彼らのファイトスタイルは未だベールに包まれているが、ヒップホップ風な外見にもマッチした、とことんアガる↑楽曲となっている。

そして3曲目は、泰・清一派のテーマとして起用されているDOBERMAN INFINITYの『まだ足りねぇ』。鬼邪高の戦国時代は、狂気の2人組・泰志(佐藤流司)と清史(うえきやサトシ)が転入してくることでますます加速の一途をたどる…。まごうことなき「ヤバそうな雰囲気」をブンブンにまとい不気味な笑みを浮かべるこの2人の姿は、まさに楽曲の歌詞そのまま<まだ足りねぇ!まだ足りねぇ!>を連呼するかの様。強者揃いの鬼邪高の戦いをさらに過熱しまくる力強い楽曲となっている。

最後に4曲目は映画のバトルシーンの楽曲として起用されているTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの『FIRED UP』。親友・花岡楓士雄(川村壱馬)が転校し、鳴りを潜めている高城司(吉野北人)は、よくたむろしている屋上で中越一派に遭遇することで喧嘩を吹っかけられる。しかし…!その相手を全員無傷で倒してしまう司。その姿はまさにスタイリッシュの一言!楽曲のイメージとぴったりのシーンで使用されており、見逃した人は見直してみてはいかがだろうか。

また、映画特報内で解禁している1曲THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの『SWAG&PRIDE』は映画では鬼邪高VS鳳仙の決戦で起用され、ドラマではオープニングテーマとしても起用されている。

まさに鬼邪高の戦国時代到来を告げ、映画へとつながる本ドラマでもぴったりな楽曲となっている。映画『HiGH&LOW THE WORST』では計10曲の書き下し楽曲を劇中歌として使用。果たしてこれからどんなアツイ曲がお披露目されていくのか、続報に期待したい。


ドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』7月17日(水)24:59~日本テレビ系にて放送開始! 

※一部地域では、放送日時が異なる。

 映画 『HiGH&LOW THE WORST』 は、10月4日(金)全国ロードショー。


 ©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

この記事の画像一覧 (全 5件)