新海誠監督「天気の子」 本田翼の声は「聞いたらびっくりする」

映画・舞台 公開日:2019/07/02 19
この記事を
クリップ

大ヒット映画「君の名は。」を手がけた新海誠監督による、7月19日(金)公開の長編アニメーション映画「天気の子」。その製作報告会見が本日、都内で行われ、新海監督、醍醐虎汰朗森七菜本田翼RADWIMPS野田洋次郎桑原彰武田祐介川村元気プロデューサーが登壇した。




新海は「お恥ずかしい話ではあるんですが、今でもスタジオでスタッフが製作しておりまして。とても良い状態になっていると思います」とコメント。前作に引き続き、劇中歌を担当する野田も「音楽ももうちょっとだけ残っていまして、明日も明後日も作業が残っています」と公開月を迎えた現在でも作品を作り込むための作業が続いていることを明かした。


また、約2,000人が参加したというオーディションを経て、主人公・帆高役を射止めた醍醐は「感情の起伏が激しくて、観終わったあとに愛について深く考えました。身近な人を大切にしようって思えました」と作品について振り返った。


演技をするにあたって、新海監督自らが登場人物に声をあてた、Vコンテと呼ばれる映像を見たという出演者ら。醍醐と同じく、オーディションにてヒロイン・陽菜役を務めた森は「新海さんがあてたVコンテを見て、新海さんを、気持ちの部分でも、声を乗せる部分でも超えていきたいと思いました」と熱く語った。


新海監督に本田の印象を聞いてみると「女性の声も自分であてていたんですけど、(本田演じる)夏美役さんのキャラクターが1番遠いところに行ったと思います。僕の予想のつかないアクセントだったり言い方だったり、聞いたらびっくりする。面白いと思います」と話した。


さらに司会によって、裸足にノーメイクという状態でアフレコに臨んでいたことが明かされた本田は、思わぬ暴露に赤面。「誰ですか言ったの!」と声を張り上げながらも「できるだけ素の状態でやりたかったので、お化粧もしないでやりました」とその背景を説明した。


前作「君の名は。」に関するインタビューで「もう映画音楽はやらない、というくらい大変だった」と語っていたという野田。「今回も言ってましたね」と前作に引き続き苦労があったことを匂わせつつも、今回も劇中歌を引き受けたことについて「新海さんの作品だからなんですよね。今回が最後の気持ちでいますっていう話はしました。そうでもないと乗り換えられる気がしなくて。でも終わって振り返ってみると、楽しかったですね。最後とは言いましたけど、いつかまた」と笑顔を見せていた。


最後に新海監督は、スタッフらと作品を作り上げていく中での譲れない部分について「悪い言い方をすると、諦めていく過程なんだなと。人は自分と違くて、良い考えを出してくれるということを納得していく過程なんですよね。そういう意味では思っていたものを諦めるんだけど、その代わりにより光っているものを手に入れるということ」と自身の考えを語った。

この記事の画像一覧 (全 31件)

関連記事