「プロメア」観客動員数50万人突破、追加応“炎”上映も続々決定

映画・舞台 公開日:2019/07/02 12
この記事を
クリップ

人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生。他に類をみない規格外の熱さ・スピード・革新的映像表現で観る人の魂を燃やし尽くす映画「プロメア」が大ヒット上映中だ。さらに世界62の国と地域での配給契約も決定した。

本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に松山ケンイチ、ガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一のW主演が実現。さらにガロの上司であるクレイ役に堺雅人、その脇を固めるケンドーコバヤシ古田新太など作品を燃え上がらせる超豪華キャスト陣が集結した。さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyが本作の世界観をイメージして書き下ろし、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせている。




公開から1ヵ月以上経つ本作だが、7月1日(月)に観客動員数が507,233人を突破した。
Twitter上では「あと4回でプロメア20回鑑賞きめそうなんだけど…」とハードなリピーターがいたり、「プロメア二回目でめちゃくちゃ色々気づいたことあるんでプロメア二回以上視聴するのマジでオススメします…シナリオがわかりやすい分二度目以降は絵面を観る余裕ができるのに加えて、プロメアめちゃくちゃ伏線がわかりやすい。一度観ておけば二度目で凄い把握しやすくなる。リピートの快感ですよこれ」という声も上がっている。

「応援上映は初めてだったけど、意外と女性客が多かった。応援してるのも女性客のほうの声が目立ってた」、「プロメアの観客女性率めっちゃ高くてびびった」、「チッタに来たら女性客で溢れてて、みんなプロメアの応炎上映に吸い込まれて行った。プロメアって女性人気凄いんだなぁ」など多数の女性ファンの来場によって作品が支えられていることが分かるツイートも数多く見られ、一方で「プロメア見てきた。私も人生のターニングポイントでガイナ立ちをキメたい。ドリルはロマン」、「プロメア観てきた!理屈じゃねぇ!魂だ!火消し!名乗り!射出!パイルバンカー!ドリル!男のロマンが全て詰まってた!」という男性陣からの熱い声も多く上がっており、男女別け隔てなく多くのファンに愛さる作品となっている。

また、応“炎”上映も開始から約2週間経つが、全国の劇場で追加開催が続々決定するなどその勢いは衰え知らずだ。会場によっては独自の劇場設備を利用しての応“炎”上映も実施するなど、まだまだ盛り上がりを見せている。


Superflyダウンロード・試聴はこちら

https://music.dwango.jp/artist/22177

▼「プロメア」オリジナルサウンドトラック ダウンロード・試聴はこちら

https://music.dwango.jp/artist/15952

この記事の画像一覧 (全 2件)