野村周平、魂の叫びが聞こえてくる「WALKING MAN」ビジュアル公開

映画・舞台 公開日:2019/07/02 13
この記事を
クリップ

日本を代表する人気実力ともにナンバー1のカリスマラッパーANARCHYが初監督で挑む完全オリジナル作品『WALKING MAN』。





ドラマ、映画といったエンタテイメントの枠にとどまらず、ファッションやカルチャーでも若者たちを牽引し、常に注目を浴び存在感を放ち続ける人気俳優野村周平が、不幸と極貧のどん底の中、ラップに出会うことで、“歩き出す”勇気をもらう気弱で心優しき主人公の青年役を担い、アトムの妹で今どきの女子高生・ウランにNHK連続テレビ小説「あまちゃん」、「デスノート」など出演の優希美青、職場の先輩で良き理解者の山本に柏原収史、思いを寄せる美女キムに伊藤ゆみがそれぞれ扮し、冨樫真、星田英利、渡辺真起子、石橋蓮司といった個性派・実力派が脇を固める。

この度、本作のティーザービジュアルA面・B面が解禁された。野村周平演じる主人公・アトムが真剣なまなざしでマイクを握り、魂の叫びが今にも聞こえてくるようなA面、そして、務め先の「猫の手スマイル川崎」の作業着を着てこちらをじっと見つめるアトムが印象的なB面となっている。

(C) 2019 映画「WALKING MAN」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)