岡田准一主演「ザ・ファブル」週末興行ランク2週連続邦画1位!興行収入10億円突破へ

映画・舞台 公開日:2019/07/01 23
この記事を
クリップ

主演・岡田准一の世界基準アクションや、ハッピーな笑い、さらに超豪華キャスト共演で公開前から大きな反響を呼んでいる「ザ・ファブル」が公開2週目にして引き続き邦画1位をキープ。




土日の興収も初週の約73%と落ちが少なく、平日の数字も良い形で推移しており、明日(7/2)には10億円突破の見込み。並み居る強豪と対峙しながらも満席御礼の劇場も続出するなど、引き続き“やみつきファブル旋風”はとどまることなし。


6月29日(土):動員   7万7,556名 興収 1億696万円

6月30日(日):動員    8万6,088名 興収 1億2,006万円

土日2日間合計:動員 16万3,644名 興収2億2,703万円 

⇒前週比73%落ちの少ない好推移


6月30日(日)までの累計

動員70万1,390 名 興収9億3,586万円


●30~40代のターゲット層から若い世代へも広がりが

カップルが一番多く、デートムービーに

●平日も安定した興収を獲得

●土日は満席の客席も続出

●岡田准一本気のアクションが、コアなアクションファンにも訴求中

   ライムスター宇多丸さんも「日本のアクション映画の歴史に確実に残る1本」と激賞

  SNS上では邦画ではなかなか見られない数のファンアートも続出

●リピーターも続出!「ファブりたい」「ファブった」など、動詞の「ファブる」が流行中

●ファブルにとどまらず各キャラクターにハマるファンも続出


(以下SNSより)

「昨日ファブル見に行こうとしたら満席で諦めたんだよね~…はやく見たい…」

「ファブれた!今日も満席で年齢層も広かったな^^2回目はさらに味わい深かった。まだまだ観たい。」

「今日の #ザファブル  ほぼほぼ満席。客層は、先週より若かったかも」

「(7月)1日という効果もあるんだろうけどファブル先週公開のわりに人入りがよい」


※本記事は掲載時点の情報です。