黒羽麻璃央、崎山つばさは「僕のパートナー!」「おかずくん」撮影合間のエピソードにも迫る

映画・舞台 公開日:2019/07/05 36
この記事を
クリップ

――撮影は去年の9月ごろ。撮影のために髪をばっさり切りましたね。


「はい、さっぱりしました。原作だともうちょっと短いんですけど、僕には似合わないかなって(笑)。普段、髪は長いほうが多いですしね。でも、広告会社の営業をやるなら、さわやかさは大事だと思ってばっさりと切りました」


――映画では崎山さんをはじめ、同僚たちと砂浜で青春していましたね!


「このときの撮影は素に近かったんじゃないかな。映画を撮っているというより、メイキングを回しているぐらいの感覚で。ちゃんと台本にもセリフがあるんですけど、監督が“アドリブを入れてもいいよ”って言ってくださったので、思い切って入れました(笑)。おかずくんと東良というフィルターをかけながら、大事なシーンになっていると思います」


――ちなみに黒羽さんと崎山さんの江の島でのシーンは?


「東良とおかずくんのデートみたいなものですね。20代の男子がキャッキャしてるみたいな(笑)。でもたぶん、僕とつばさくんが、あそこにポーンと放り出されても、こんな感じになると思います。それに男性と浜辺に行ける関係性ってステキじゃないですか。なかなか男友だちと浜辺を歩くとかってありませんからね」


――江の島での撮影の合間、崎山さんとはどこかに行かれたんですか?


「しらす丼を食べに行きました、2人で。待機場所の近くにしらす丼のお店があったんで“ちょっと昼飯食べにいこうよ”って言って。僕がおごったのかな? いやおごってもらったんだっけ? 忘れちゃった(笑)」


――いつもは、どちらがおごるんですか?


「折半が多いかな。例えば“そこに行くまでのタクシー代は俺が出すから、ご飯は出して!”なんてときもあります」


――まさにおかずくんと東良同様に崎山さんとは仲の良い友だちなんですね。


「心を許している仲って言えると思います。つばさくんも、たぶん、僕に心を許してくれていると思うんで。誕生日プレゼントもあげたりもらったりしています」


――どんな誕生日プレゼントをもらったんですか?


「僕の誕生日にはバックをもらいました。つばさくんの誕生日には“ゴミ箱が欲しい”って言うので、ゴミ箱をプレゼントして」


――ゴミ箱?


「手をかざすと、ウィーンってふたが開くゴミ箱を僕が持ってて。彼に自慢したんですよ、“このごみ箱にしたら、部屋がキレイになった”って。だからお勧めだよって言ったら“じゃぁ、誕生日に欲しい”“いいよ、プレゼントする”ってなったんです」

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 13件)