藤原竜也が本領発揮、シンプルな台詞が“名台詞”へと変貌

映画・舞台 公開日:2019/06/28 17
この記事を
クリップ

映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、監督:蜷川実花×主演:藤原竜也の運命の初タッグで映画化。ヒロインに玉城ティナを迎え、窪田正孝本郷奏多武田真治斎藤工佐藤江梨子金子ノブアキ小栗旬土屋アンナ真矢ミキ奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。映画「Diner ダイナー」がいよいよ7月5日に公開となる。

ジャパンプレミアで一足早く本作を鑑賞した人たちからも、「豪華キャストで控えめに言っても最高な作品!個性豊かな殺し屋たちに終始圧倒されっぱなし!」、「超ドSな藤原竜也(ボンベロ)さんだけでもコース料理の最後に近いのに、続々とキャラの濃い殺し屋たちが出てきて最初から最後までメインディッシュみたいな映画でした」、「豪華キャストを1人も無駄にしない、考えられた配役にして、演劇的、殺陣も見事!」など絶賛の声が上がっている。

強烈な美術セットの中で癖の強すぎる個性抜群のキャラクターがひしめき合う本作、しかし予告映像を観た人間を最も刺激するのは、藤原竜也が演じる主人公・ボンベロが放つ「俺はここの王だ‼」というインパクト絶大な台詞だ。

今回解禁された台本上の台詞では「俺はここの王だ!」と至ってシンプルな台詞として記載されているが、藤原と蜷川監督の手にかかれば、この台詞が一度聞いたら忘れられない名台詞へと変貌する。




蜷川監督はこの台詞の撮影時、複数のパターンを撮るようにしていたらしく、藤原はそのスタイルに対して「撮った芝居をOK、もしくはキープしてもう一つ、もう1カット、異なる感情のものを撮る、というのが多かったです。実際にどのカットをチョイスするかは監督が繋げてみてジャッジするのですが、僕としては新鮮で楽しく、何度も違うアプローチでチャレンジさせてもらいました」とコメント。蜷川監督も、「“俺はここの王だ!”という台詞は、作品の方向性を決める大事なセリフなので、何パターンも撮っていて。もっと変わったパターンをやってみようかとか、あと一つなにか足すとどうなるんだろうと欲張りながら撮影をしているうちに、あんなすごいのが出てきて。結果、一番振り切れてるものを使ってるんですけれど、そういう相談しながら挑戦できたっていうのがすごく大きかったと思います」と語り、作品の方向性を決定づける名台詞誕生の裏側を明かしている。

また、SNS上でも予告解禁当初から、このインパクトのある台詞が話題になっており、「台所に立つたびに「俺はここのぉ~~王だッッッ」ってダイナーの藤原竜也の真似をしてしまう」、「映画「ダイナー」予告編の藤原くんのセリフ「俺はぁぁぁぁぁ!ここのぉぉぉぉぉ!  王だ!」が最高最高最高すぎて何度観ても飽きないし、もう今もすぐにでも観たい状態だし、観たすぎてこのセリフ自分でぶつぶつ呟いてしまう。」、「俺はあああああここのぉぉおお 王だ!って癖強いけど引き込まれる感じの演技やっぱ流石!」など、マネをする人やその演技に引き込まれる人が続出!そんな名台詞への道のりは、同時に解禁となったメイキング映像をチェックしていただきたい。

この台詞を皮切りにダイナー<食堂>に次々と殺し屋達が来店し、藤原以外のキャストも蜷川監督の手腕によって、強烈な世界観に負けない各々の個性が極まった演技を披露していく。圧巻の演技合戦を是非、スクリーンでご覧頂きたい。


■映画「Diner ダイナー」
7月5日(金)公開
出演:
藤原竜也 玉城ティナ
窪田正孝 本郷奏多武田真治 斎藤工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬土屋アンナ真矢ミキ奥田瑛二
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)  
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  
音楽:大沢伸一  
監督:蜷川実花
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 2件)