高良健吾の超ドアップ「アンダー・ユア・ベッド」幻のティザービジュアルが公開

映画・舞台 公開日:2019/06/27 2
この記事を
クリップ

7月19日(金)より公開の「アンダー・ユア・ベッド」(配給:KADOKAWA)。メガホンを取ったの は安里麻里監督。黒沢清監督、塩田明彦監督の助監督を経て、「バイロケーション」「劇場版零~ゼロ~」「氷菓」など着実に確かなファンを獲得している期待の女性監督。原作は大石圭の人気ベストセラーの同名小説。


同作は、家族や学校、誰の記憶に残らず存在を忘れ去られてきた孤独な男・三井直人が、学生時代に人生で初めて「名前を呼んでくれた」千尋(西川可奈子)との 11年ぶりの再会を夢見て、追い始める処から始まる。しかし、目の前に現れた彼女は結婚し、学生時代の頃のような輝きを失い、まるで別人のように変わり果てていた。彼女に一体何が起こっているのか。三井は、彼女に憑りつかれたように監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下に潜り込み、ベッドの上の彼女を想い過ごし始める。加速度的に暴走していく男。これは愛ゆえの盲目なのか、それとも狂気なのか―。愛する彼女への一途で純粋な思いと、異常で孤独な男の切なさと繊細さを持ち合わせた役柄を、今年も出演映画が続々公開を迎える高良健吾が演じる問題作。




ポスタービジュアルを作成する中で、まず初めに孤独で繊細な男が強い執着を持って“じーーっと覗く”ことにフォーカスしたデザインを数パターン作成し、高良の顔の超ドアップでインパクトを出せないだろうかと考案が重ねられた。その中で今回公開となった2つのデザインが出来上がった。


三井のモノローグでストーリーが進んでいく同作。独白によってこの男の過去と現在が折り重なっていく。高良は同作について「特に思い入れが強い」と話しており、役作りでは「原作には忠実でいたいが、どうしても自分の特徴が入ってしまう。それをどう昇華させていくかが大変だった」と語る。さらに、“好きな女性を覗く男”三井に対しては「純粋そのもの」と語っている。“盲目の愛なのか―、暴走した狂気なのか―”純粋さゆえの尊い結末は、ぜひ劇場で。


こちらの2種類の激レアポストカードは、劇場鑑賞者特典として、テアトル新宿他、一部の上映映画館で配布日を限定し、それぞれ1 枚ずつプレゼント予定。配布日の詳細は、後日公式サイトで発表となる。


アンダー・ユア・ベッド

監督:安里麻里

出演:高良健吾

配給:KADOKAWA      

今夏 テアトル新宿ほか全国ロードショー

© 2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 2件)