妻夫木聡&豊川悦司は相思相愛!「女だったら恋をしている」

映画・舞台 公開日:2019/06/27 6
この記事を
クリップ

俳優の妻夫木聡が26日、都内で行われた映画『パラダイス・ネクスト』(7月27日公開)のジャパンプレミアに豊川悦司、半野喜弘監督と出席した。




豊川との久々の共演に妻夫木は「豊川さんとは13年くらい前にプライベートでお会いする方が早くて、いつかガッツリやりたいと思っていたのでようやく夢が叶った。お兄ちゃんのように甘えさせてくれる存在」と嬉しそう。それに豊川は「ブッキーが女だったら恋をしていると思います」と相思相愛だった。


会って二回目で妻夫木のことを“ブッキー”と愛称で呼んでいるという豊川は「ブッキーというのは小学校くらいからのあだ名なの?」と妻夫木に素朴な疑問。それに妻夫木は「ブッキーと呼ばれるのは兄貴の方が早かった。兄貴のアドレスも“ブッキー@”みたいな。兄貴の方が早かったので、今では僕に奪われた気分だと思う」と笑わせた。


ロケ地・台湾では撮影以外でも行動を共にし「二日に一回は一緒にゴハン」と妻夫木が振り返ると、豊川も「ほぼ毎日会っていたよね。とりあえず夕方5時にフロント集合みたいな。ただ行く店といっても3軒くらいしかなくて」と回想。現地の大衆食堂では徐々に2人が日本の有名俳優であることが知れ渡ったそうで「最初はそっけなかった店のおばちゃんが僕らのことを知り出して、サービスしてくれた」と妻夫木が明かせば、豊川も「どんどんサービスしてきて、食べきれないくらいだった」と懐かしそうに笑顔を浮かべた。

この記事の画像一覧 (全 5件)