窪田正孝、松田翔太の“極限の愛”に納得「大恋愛映画なので!」

映画・舞台 公開日:2019/06/25 10
この記事を
クリップ

7月19日(金)に全国公開を迎える映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」のOSAKAプレミア試写会が実施され、主演の窪田正孝松田翔太山本舞香が舞台挨拶を行った。

早くも熱い注目を集める本作は、公開までは東京・大阪・パリでの3都市でしか試写会行わないことでも話題に。貴重なOSAKAプレミアに当選したファンたちがひしめく会場に、窪田、松田、山本が登場すると、熱気が一気にヒートアップした。




キャスト陣は本作の試写会で、映画鑑賞後の観客の前に登壇するのは初めて。窪田正孝は映画を見終えたばかりの観客に対し、「皆さんの率直な感想を聞きたいですね!」と興奮気味。また、前作を経て2年ぶりにカネキ役を演じたことについて、「作品が続くというのはすごくありがたい。役者冥利に尽きるところがありますね」と思い入れを語った。

また、全世界で3回だけ行うという貴重な試写会のうち、2回目となるOSAKAプレミア。大阪の印象を聞かれると、窪田は大阪のフレンドリーさに言及。「関西の方は壁が無い方が多いですよね。物理的な距離も近いというか(笑)、『窪田君やんな!写真撮ってくれる?』と友達かのように話しかけていただいたり、東京では味わえないノリがあります」と笑顔を見せた。

続いて話題は、キャスト陣の本作での役作りへ。窪田正孝は、カネキの独特な“受け身”の芝居についてコメント。「前回は、鈴木伸之君演じる亜門と戦っていたんですが、僕は基本的にぼこぼこにされていて(笑)。芝居もリアクションが全てで、どれだけ無様にやられるかで相手の強さがわかる。カネキ自身は受け身で、周りの皆が起こす事件や騒動に巻き込まれていく“巻き込まれ型”なので、その受け身さを大切に演じていますね」

そんなカネキと相対する、<グルメ>と呼ばれる史上最悪の喰種・月山を演じた松田翔太は、「気持ちよかったですね~!」と満足気。「窪田君が素直に演じてくれるので、僕がどれだけ変態な役でもやりやすかったです」と、窪田の“受け身”演技を絶賛した。また、強烈なキャラクターである月山役での怪演が話題となっている松田だが、役作りについては「(カネキを)『喰べたい』という気持ちは、そのままだと理解はしにくいので、『好き』という気持ちに置き換えて、とにかく『結婚したい!』『愛し合いたい!』という極限の愛に持っていくしかないなと思いました」と、独特なアプローチを取っていたことを告白。これには窪田も深く頷きながら、「バトルアクション映画と言ってはいますが、この映画は大恋愛映画なので!」と熱弁した。

カネキと共に喫茶店「あんていく」に身を寄せるヒロイン・トーカ役の山本舞香は、本作で激しいワイヤーアクションを自らこなしていることでも話題に。「アトラクションみたいな感じで楽しいです!」と余裕の笑みを浮かべながら、「出来上がるまでは想像しながら演じているところも多かったので、完成を見てすごいなと思いました」と手応えを感じている様子だった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)