「きみと、波にのれたら」上海国際映画祭で最優秀作品賞受賞!片寄涼太、ファンへ生歌披露

映画・舞台 公開日:2019/06/24 6
この記事を
クリップ

「夜明け告げるルーのうた」(17年)が長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞、「夜は短し歩けよ乙女」(17年)では、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞を受賞。Netflixで全世界配信中の「DEVILMAN crybaby」をはじめとして数々の話題作を世に送り出し、日本のみならず世界が注目するアニメーション監督、湯浅政明監督待望の最新作『きみと、波にのれたら』が6月21日より上映中。同作は、海辺の街を舞台に、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との運命的な恋を描いた感動の青春ラブストーリー。




6月23日、中国で開催中の【上海国際映画祭】で、同作がアニメーション最優秀作品賞にあたる金爵賞 アニメーション最優秀作品賞を受賞。湯浅政明監督作品としては、2017年のアヌシー国際映画祭での「夜明け告げるルーのうた」に続く、海外映画祭の長編作品グランプリ受賞となった。また、映画祭には港役をつとめた片寄涼太が参加し、海外映画祭の堂々デビューを飾った。同日に行われた公式上映会で、集まった約1,000人のファンに向かって舞台挨拶を行なったほか、レッドカーペットイベントにも登場。


主人公・港役の片寄涼太は、これまでGENERATIONS from EXILE TRIBEとして上海でのフェスに参加したり、単独ファンミーティングを開催するなど中国はもちろんアジアでも大人気。22日の上海到着時には空港に集まった現地ファンが押し寄せ、その姿をひと目見ようと大勢の女性ファンが取り囲むなど熱烈歓迎を受けた。


23日には、上海大光明電影院で行われた公式上映会に参加。もともと2回の上映予定だったが、チケットは即日完売。現地ファンからの熱いリクエストを受け、急遽追加上映含めた全5回の上映が満席となる異例の大盛況ぶりとなった。上映後に片寄が登壇すると、集まったファン約1,000人で埋め尽くされた会場からは割れんばかりの片寄コールが。客席全体をゆっくりと見渡しながら、流暢な中国語で「みなさんこんにちは。お元気ですか?片寄涼太です。本日は上海に来られてとても嬉しいです」と丁寧にあいさつ。劇中で川栄李奈演じるひな子との歌唱シーンについて「歌手として歌うのと、役として歌うのではまた違うので難しい部分もありつつ勉強になりました」と語ると、客席から「歌ってくれませんか!?」とのリクエストが。急遽アカペラで主題歌「Brand New Story」の1フレーズを生歌披露。さらに質疑応答タイムでは客席からの熱烈なリクエストを受け、「私も愛してます(我愛你)」と応えるというまさかのサプライズサービスに、この日一番の黄色い歓声が会場を埋め尽くした。


その後行われたレッドカーペットイベントには、タキシード姿で登場。ベルリン、カンヌ、ベネチアなどと並ぶ国際映画製作者連盟(FIAPF)に公認されている権威ある映画祭ということもあり、世界中から集まったたくさんのマスコミの取材に対応したり、ファンと交流するなど海外映画祭デビューにふさわしい、堂々たる身のこなしで見事にレッドカーペットを歩ききった。自身初の海外映画祭参加と初めてづくしの経験を終えた片寄は「(この熱狂は)すごいですね!カメラの数が半端ないです。めちゃくちゃ写真を求めていただいたので、ありがたいですよね。その分作品が注目されているということだと思うので、ありがたいです。これをきっかけに『きみと、波にのれたら』が届くといいなと思います」と興奮を隠せない様子だった。


また授賞式にも参加した片寄は、同作がアニメーション最優秀作品賞にあたる金爵賞 アニメーション最優秀作品賞に発表されると、作品を代表して檀上に登壇。トロフィーを手に感激の笑顔で喜びを噛み締めた。初声優にしてアニメーション映画初主演となる同作が、上海国際映画祭金爵賞アニメーション長編部門受賞という栄誉を受けたことについて、下記のように受賞の喜びとスタッフへの感謝を述べた。


片寄涼太コメント>

自分の人生において信じられないような素晴らしい出来事に巡り会うことができました。レッドカーペット歩かせていただくのも初めてですし、元をたどれば声優に挑戦させていただくのも初めてだったので、素敵な思い出をいただいて感謝しかないです。(トロフィーは)湯浅監督に早く渡したいですね。授賞式では日本から代表して来させていただいている立場だったので少しでも失礼のないようにというか、丁寧にお礼の気持ちをと思い檀上に上がらせていただきました。監督はじめ制作スタッフのみなさまとご一緒させていただいて、主題歌も担当させていただいて、その縁がこうして形になったので、自分というよりスタッフのみなさんがここ上海に連れてきてくださったと思いますし、やっぱり湯浅監督の喜んだ顔を生で見たいですね。うれしいです。日本に帰ったらこれを監督に届けたいなと思います。その時は素敵な乾杯でも出来たらいいなと思います。メンバーとはテレビ電話をしました。すごく興奮した様子で大盛り上がりで喜んでいたので、メンバー孝行になったかなと、うれしいです。(日本へのメッセージとして)追加上映含む全5回が完売ということで、本当にこの作品が海を越えて、波のように伝わってきています。あらためて『きみと、波にのれたら』が日本の方々にも1人でも多くの方に伝わったらと思っています。

この記事の画像一覧 (全 10件)