柴犬まる、“日本のペット代表”でハリウッドデビューが決定

映画・舞台 公開日:2019/06/19 9
この記事を
クリップ

2016年の夏を席巻した映画「ペット」は、飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろう――誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く物語と個性豊かで愛くるしいペットのキャラクターたちが話題となり、全米公開時にはオリジナル・アニメーション映画史上最高の全米オープニング興収、そしてイルミネーション作品史上No.1全米興収を記録。日本においても「ジュラシック・ワールド」を超え、ユニバーサル・ピクチャーズ作品史上No.1初日興収を叩き出し、オリジナル作品1作目とは思えない目覚ましい超記録を残した。そんな待望のシリーズ最新作「ペット2」が7月26日(金)から全国公開する。

日本語吹き替え声優陣に、バナナマン設楽統日村勇紀佐藤栞里永作博美沢城みゆき中尾隆聖宮野真守梶裕貴といった前作からのレギュラーキャストに加え、内藤剛志伊藤沙莉といった新キャストの参加が決定。本予告映像では、謎に包まれていた物語の行方も遂に明らかとなり、日本の公開に向けてますます盛り上がりが加速している。

この度、前作「ペット」の広報活動でヒットに大きく貢献した、柴犬まるが、取“柴”役宣伝隊長に再任。さらに前作の活躍が評価され、日本のペット代表として初のハリウッドデビューを果たすことが決定した。




インスタグラムのフォロワー250万人超え、タイム誌によって最も影響のある動物100(2016)にも選出された国内外問わず大人気の“柴犬まる”。前作では、映画「ペット」の取“柴”役宣伝隊長として、自身のインスタグラムでマックスとの仲睦まじくキュートな写真を公開するほか、本作の吹替えキャストであるバナナマンや、佐藤栞里を始めとしたキャスト陣とイベントで共演するなど、率先してPR活動に参加。日本を代表するペットとして、劇中で大騒動を巻き起こすペットたちにも負けない活躍を見せ、映画を大ヒットへと導いた。

そんな前作での目覚ましい功績が高く評価された柴犬まるが、イルミネーション・エンターテインメントから直々に出演オファーを受け、「ペット2」で日本のペット代表として初のハリウッドデビューを果たすことが決定。(※実在する日本の動物・著名人がイルミネーション作品に登場するのは、柴犬まるが初)イルミネーション・エンターテインメントCEOのクリス・メレダンドリは、柴犬まるの起用について「彼は日本での『ペット』の成功に大変貢献してくれた。本作『ペット2』では、イルミネーションの製作チームがまるちゃんファンへのサプライズとして、彼へ特別出演のオファーをしたんだ。」とコメントしており、海外からの絶大な支持も窺える。併せて、到着した出演シーンの場面写真からは、お馴染みのにっこりとした笑顔を見せる柴犬まるの姿や、日本語で堂々と書かれた“柴犬まる”という名前がくっきりと確認できる。 
すでにインスタグラムにて活動を開始している柴犬まるだが、今後はイベントやキャンペーンなどにも参加する予定となっており、最新作における更なる活躍にも期待がかかっている。
取“柴”役宣伝隊長としてはもちろんのこと、日本のペットを代表してスクリーンデビューを果たした劇中の柴犬まるの勇姿にも注目だ。


(C)Universal Studios.

この記事の画像一覧 (全 2件)