「東京喰種【S】」“ダブル月山”共演に話題沸騰「予告のマモ最高過ぎ」

映画・舞台 公開日:2019/06/17 4
この記事を
クリップ

2018年7月に「東京喰種トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス。2017年7月には実写映画「東京喰種 トーキョーグール」が世界29ヶ国で公開され今もなお拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな同作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール【S】」として、7月19日(金)に全国公開を迎える。




同作は、不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない喰種と人間のハーフ【半喰種】になってしまった金木研(カネキ ケン/窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描くバトルアクションエンターテイメント。カネキの最大の宿敵である喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)役に山本舞香をはじめ、鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、森七菜、桜田ひより、知英など注目の実力派俳優が続々集結。


6月11日(火)にはTOKYOプレミアを開催し、初めて一般客の前で行われた試写会も大盛況だった同作。プレミアでは、女王蜂の『Introduction』が主題歌に決定したことが発表され、同時に主題歌予告映像も解禁に。カネキやトーカの凛々しい表情や戦闘シーンはもちろんのこと、今回の最大の敵である月山の“変態”っぷりが話題を集めている。同時にSNSを中心に盛り上がっているのが、主題歌予告のナレーションだ。ラストの「東京喰種 トーキョーグール【S】」というタイトルコールを担当するのは、なんとTVアニメ版で月山を演じた人気声優の宮野真守。すでにファンの間では、「タイトル言ってるのマモじゃん!」「予告のマモ最高過ぎ」「Sの言い方w」と、一言ながら抜群の存在感を示している。同作で実写版を演じる松田翔太と、TVアニメ版の声優を務める宮野真守、ダブル月山の“共演”に大きな注目が集まっている。


今回ナレーションを務めた宮野いわく、月山というキャラクターは、自身にとってもかけがえのない存在だそう。映画に関われたことを光栄に感じると共に、同作で実写版の月山を演じた松田を絶賛している。


【半喰種】であるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、異常な執着を見せる「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山。彼がカネキを招き入れた「喰種レストラン」の実態とは?美しい容姿とは打って変わって、「カネキ君が喰べながら、カネキ君を喰べたい!」と欲望を全開にした、堂々の変態発言からも目が離せない。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる。映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日(金)全国公開。


宮野真守コメント>

「東京喰種」は、そして「月山習」は僕にとっても、かけがえのない存在なので、この度このような形で関われた事、心より光栄に感じております。僕のナレーションに、スタッフの皆さんが沸き立ってくださったのがとても嬉しかったです(笑)。そして何より、松田翔太さんの月山習が素晴らし過ぎて、感動いたしました!予告だけでも溢れ出るセクシーさにドキドキしたので、早く本編が観たいです!是非皆様も、公開を楽しみにしていてください!


<作品情報>

タイトル:『東京喰種 トーキョーグール【S】

原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 (集英社ヤングジャンプ コミックス刊)

監督:川崎拓也 平牧和彦

脚本:御笠ノ忠次

出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原海 白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー ダンカン 栁俊太郎 坂東巳之助/松田翔太

配給:松竹

公開:7月19日(金)全国公開

©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社


この記事の画像一覧 (全 3件)