志尊淳、カンヌで炭酸飲料を飲み過ぎ!?共演女優が謎の暴露で「あれ?」

映画・舞台 公開日:2019/06/14 7
この記事を
クリップ

俳優の志尊淳が体当たりヌードを見せる官能ドラマ『潤一』の公開記念舞台挨拶が14日、都内で行われ、主演の志尊淳、共演の藤井美菜夏帆蒔田彩珠伊藤万理華原田美枝子が参加した。




直木賞作家・井上荒野の連作短編集をベースに、妖艶な青年・潤一(志尊)が、18歳から62歳までの女性たちを虜にしていく姿をエロティックに描く。

壇上で女性キャストに囲まれた形の志尊は「いい気持ちです。はい…」と赤面しつつ「ドラマとはいえ短編映画のように撮った作品なので、映画館で上映されて幸せです」と嬉しそう。劇中では女性たちを虜にする官能的な青年を演じたが「原作小説を読んで、今まで自分で感じたことのない感情、自分の中で強く感じていたものを覆される瞬間がありました。そんな僕が感じたイメージの潤一を超えるものを作り上げられたら、そんな気持ちで演じました」と熱弁した。

本作はカンヌ国際シリーズフェスティバルコンペティション部門の正式出品作品に日本ドラマとして初めて選ばれている。カンヌを初めて訪れた志尊は「夢のような時間で、撮影のご褒美をもらえた感じだった」と回想し「上映後に観客の方が僕に対してフランス語で熱弁してくれて、半分は何を言っているのかわからなかったけれど、それぞれの意見があって素敵だと思った」と現地の反応を喜んだ。

一方、志尊と共にカンヌを訪れた藤井は「志尊さんがカンヌで炭酸飲料を沢山飲んでいて…。あれ?と。あそこまで飲むとは思わなかった。そのギャップが魅力的で素敵でした」と謎の感想を漏らしていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)