坂口健太郎、吉田鋼太郎にメロメロ?「好きになってしまう」

映画・舞台 公開日:2019/06/11 6
この記事を
クリップ

俳優の坂口健太郎が11日、都内で行われた映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の父の日記念イベントに吉田鋼太郎と参加。坂口は吉田から「意外と社交的じゃない」とぶっちゃけられていた。




初共演の吉田の印象を聞かれた坂口は「鋼太郎さんは色々な役を演じられているから、これだ!という印象はなかった。でも真摯で渋くて、ダンディという印象はあった」と紹介。しかし芝居を交えてみると「チャーミングな方という部分に驚いた。キュートな方です。一緒にお芝居をしていると鋼太郎さんのことを好きになってしまう。芝居をしていてもお話を聞いていても凄いなぁと思う」と惚れ惚れしていた。


その吉田は坂口について「思っていた通り。優しいし、穏やかだし、真面目。勉強熱心。きっと浮気はしないだろう好青年。芝居の集中力も凄い」と太鼓判。だが「でも意外と社交的じゃない。質問に対しては答えるけれど、自分からは喋らない。だから皆さんが期待するような面白トークは特にないです」とぶっちゃけて、坂口を「え~!僕はしていたつもりだけど…」と驚かせていた。


そんな吉田に坂口から父の日のプレゼントとして、ネクタイと黄色いバラの花束が贈呈された。吉田は「企画の一環だとしても嬉しい」と照れ隠しをしつつ、公開日が映画『ザ・ファブル』と同じだと気付くと「岡田准一のあれがあるね…。打倒『ザ・ファブル』!」と気合を入れていた。

この記事の画像一覧 (全 7件)