映画「プロメア」大ヒット、澤野弘之が聖地・川崎でトークショー開催

映画・舞台 公開日:2019/06/07 5
この記事を
クリップ

人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生した。他に類をみない規格外の熱さ・スピード・革新的映像表現で観る人の魂を燃やし尽くす映画「プロメア」が大ヒット上映中だ。

本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に松山ケンイチ、ガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一のW主演が実現。さらにガロの上司であるクレイ役に堺雅人、その脇を固めるケンドーコバヤシ古田新太など作品を燃え上がらせる超豪華キャスト陣が集結した。さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyが本作の世界観をイメージして書き下ろし、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせる。

そしてこの度、本作の劇中音楽を手がけた澤野弘之をゲストに迎えた、スペシャルトークショーの開催が決定した。




公開から2週間が経った今も燃え上がるほど熱い感想が多く上がっており、その中でも音楽への絶賛の声が後を絶たない本作。「TRIGGERのど迫力でスピード感のある作画と演出に澤野さんの音楽が相まって本当に素晴らしい作品だった!」、「何より澤野さんの音楽がまじでかっこよかったです」、「澤野弘之さんのサントラと、劇中での楽曲の使い方が最高なんだぜ!」といった声が多く届いており、5月24日(金)に発売した澤野が手がける本作のサウンドトラックは、《iTunes Store:アルバムランキング 第1位》、《Amazon:アニメ音楽 第1位》の快挙を成し遂げるなど話題となっている。

スペシャルトークショーでは、そんな話題の楽曲を書き下ろした澤野自ら、制作秘話など音楽について語る。そして、会場はファンの間で、“音を浴びる”場所として聖地化されている〈川崎チネチッタ〉のLIVE ZOUND。各回満席が続出しているこの場所で最高に熱い音楽について語られる。

今までの日本アニメからは一線を画す革新的な映像世界と熱いドラマ要素満載の物語、そしてキャスト陣の熱い演技合戦が新時代の幕開けを告げる、本作「プロメア」からまだまだ目が離せない。


【『プロメア』スペシャルトークショー 概要】
日程:6月15日(土)15:45の回(上映後登壇)
劇場:川崎チネチッタ・CINE 8 ※LIVE ZOUNDでの上映
登壇者:澤野弘之(音楽)、他予定


▼「プロメア」オリジナルサウンドトラック ダウンロード・試聴はこちら

https://music.dwango.jp/artist/15952

この記事の画像一覧 (全 11件)