小松菜奈は恋愛に安定を求める?三角関係トークで持論

映画・舞台 公開日:2019/06/01 8
この記事を
クリップ

女優の小松菜奈が31日、都内で行われた映画『さよならくちびる』の公開初日舞台挨拶に門脇麦成田凌、塩田明彦監督と参加した。




小松演じるレオ、門脇演じるハルで構成する人気ギター・デュオ“ハルレオ”の解散ツアーと複雑な三角関係を描く青春ラブストーリー。


映画の内容にちなんで三角関係の恋愛について聞かれた小松は「その3人の関係性による。でも私は安定を求めてしまう」と慎重派。門脇が「私はその3人の関係性を大事にしたいので、身を引きますね」とイメージ通りの返答を口にすると、小松と成田は声をそろえるように「身を引きそう!」と納得の表情だった。


一方、成田は恋愛ドキュメント『テラスハウス』にドはまり中らしく「『テラスハウス』でも2対1になるとよくない」と恋愛評論家的口調で「ごめんなさい!最近は毎日『テラスハウス』だから…。トークの着地点がわからなくなっている」と苦笑い。自身がその状況に置かれたら「2人に挟まれて罵倒されながらも中立がちょうどいい。撮影中も(小松・門脇)2人に小バカにされている感じが撮影初日からあった」と自虐だった。


撮影の思い出を聞かれた小松は「北海道の最後のライブシーン」と挙げて「空き時間に3人で曲を演奏して歌ったときに感動した。最初の頃は何もできなかったのに嬉しかった。頑張って練習してきてよかったと思った」と感慨深げ。門脇は「ライブ会場での撮影では、お客さんが入ったときに練習のとき以上に歌をうたう意味がわかった気がした。印象的な体験だった」と懐かしそうだった。

この記事の画像一覧 (全 7件)