岡田准一のアクションが凄すぎて…実況するのが「大変でした」

映画・舞台 公開日:2019/05/31 4
この記事を
クリップ

週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計発行部数400万部突破、2017年度講談社漫画賞「一般部門」を受賞し、いま一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎える。

本作より、岡田准一のアクションを臨場感たっぷりに実況した特別映像が初解禁となった。




圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称”ファブル”。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!長年、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、一般人として無事1年間過ごすことができるのか!?

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、アクション・演技ともに定評があり、さらに今回はコミカルな演技も多く求められる役柄に挑戦する、国民的俳優・岡田准一。そのほか超豪華キャスト共演で話題沸騰中だ。

3月に解禁したアクション編スペシャルトレーラーでの岡田のアクションがSNS上で「アクションが凄すぎて笑っちゃう」「岡田准一ってスパイダーマンだったの?」「岡田の良さが前面に出ている」と大きな話題となり、本作への期待は高まるばかりだ。

アクションへの期待の声も受け、この度、岡田准一演じるファブルのアクションにフューチャーした新たな本編映像。さらに、その凄すぎるアクションを、長年プロレス実況を担当し定評がある菅谷大介アナウンサーが臨場感たっぷりに実況する。

今回初解禁となった映像は、伝説の殺し屋ですが「絶対に殺してはいけない」という指令のもとファブル(岡田准一)が、人質を救出しに向かう「侵入編」と桟橋から人質を助ける「決死のダイブ編」を合わせたもの。

アクション編スペシャルトレーラーでも話題となった、身一つで軽々とビルをよじ登っていくアクションから、瞬時に対象を締め上げて落とすまでなど、凄すぎるスピードのアクションを岡田自身が披露している。

映像を観ながら実況を収録した際に、菅谷大介アナウンサーは「(収録は)大変でした...!岡田さんの動きがものすごく速いんです!これをひとつひとつ追っていくと言葉が追いつかない。ただ、見逃せないシーンばかりなので、ぜひ映画館の大きなスクリーンでご確認ください!」とアクションシーンに太鼓判を押した。

さらに今回のようなアクション実況特別映像は今後も制作予定とのこと。次回の映像にも期待しよう。


■『ザ・ファブル
2019年6月21日(金)公開
出演:
岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」
配給:松竹

©2019「ザ・ファブル」製作委員会