新海誠監督「天気の子」最新予告で主題歌初解禁、小栗旬 本田翼ら追加キャストも発表

映画・舞台 公開日:2019/05/29 15
この記事を
クリップ

2019年7月19日(金)より全国公開される新海誠監督の新作「天気の子」の90秒の最新予告編映像が本日公開、すでに発表された主題歌の1曲『愛にできることはまだあるかい』に加え、新たに主題歌『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』が本予告で初解禁となった。
今作の音楽で「RADWIMPS×女性ボーカル」という新たな試みが発表され、気鋭の女性ボーカル・三浦透子の歌声に期待が高まっていたが、最新予告篇映像では三浦透子がメインボーカルを務める主題歌が初解禁になり、その豊かな表現力を纏った歌声が、いよいよ世に放たれる。




また、「天気の子」に新たに参加する豪華キャスト陣も解禁。「ゴジラVSコング(仮)」(2020年公開予定)でハリウッド進出が決定した、日本映画界を牽引する実力派俳優・小栗旬。本作では小さな編集プロダクションを営み、東京行きのフェリーで出会った帆高を住み込みで雇うライター・須賀圭介を演じる。また、多岐にわたるジャンルで幅広い活躍を見せる女優・本田翼が、須賀の事務所で働き、持ち前の好奇心と探求心で取材に奔走する女子大生・夏美役として参加。さらに、邦画史に刻まれた数々の名作に出演する大女優・倍賞千恵子が、帆高と陽菜にある頼みごとをする老婦人・冨美役で出演する。他に、陽菜の小学生の弟・天野凪役に若手女優・吉柳咲良、都内で起きた事件を追って須賀の事務所を訪れる老刑事・安井役に俳優・平泉成、安井の相棒で、捜査のために帆高たちの前に現れる刑事・高井役に大人気声優・梶裕貴が決定した。

RADWIMPSの夏らしい軽快な音楽に、三浦透子の神秘的で透明感のある声が美しく響き、まさに新海監督が語る「『天気の子』は、RADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。」という言葉通り、全ての音が心地良く調和した本映像。さらに、新ビジュアル(「晴れポスター」)も解禁。雨が止む一瞬、眩しい日差しが差し込んだ“お天気雨”を描いた、まさに
“新海ワールド”といえるような美しい1枚となっている。

映画公開日の7月19日(金)同日に、同名映画のサウンドトラックでもあるRADWIMPSの最新作のリリースも決定。予告篇映像で使用されている『愛にできることはまだあるかい』『グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子』を含む、主題歌となるボーカル楽曲5曲と、27曲の劇伴が収録されている。


©2019「天気の子」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連記事