“世界初”の「パラリンピック」映像発見、50年ぶりに上映決定

映画・舞台 公開日:2019/05/27 7
この記事を
クリップ

東京2020パラリンピックまで500日を切り、盛り上がりを見せるパラリンピック。このパラリンピックという名称を世界で初めて用いたのが、1964年の東京パラリンピックだった。この度、その1964年大会の様子を収めた貴重な映像の1本である、「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」が発見され、初のデジタル化を経て、50年ぶりに上映されることが決定した。




本作は1965年の公開以降ほとんど人の目に触れることがなく、当時の大会の様子は、関係者にすら知られていなかった。記録に残る中では最長の映像で、且つ、選手のインタビューや競技中の音声も収められている。“誰も知らない・世界初の”パラリンピックの映像が、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けて機運が盛り上がる中、50年の時を経てよみがえる。

作中では、大会開催に合わせて急遽集められた参加者たちが、海外の選手たちとの交流を通じ、競技の経験や社会保障制度の違いを見せ付けられながらも、スポーツによって希望を取り戻していくと同時に、社会からも注目されていく様子が描かれており、日本の障がい者スポーツが今日に至るまで発展してきた礎となった、まさに原点ともいえる大会を映し出している。また、大会名誉総裁であった上皇陛下と上皇后陛下がご臨席された開会式の映像も残されており、両陛下が社会福祉活動に深い関心を抱かれたきっかけとなった場面が映し出されている。本作に映し出された、障がい者スポーツの黎明期を振り返ることによって、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての意識をより高めていくことが期待される。


<日本パラリンピック委員会 事務局長 井田朋宏氏 コメント>
本作品は、1964年の東京パラリンピックがどのようなものであったかを客観的に知ることができる大変貴重な映像です。加えて特筆すべき点は、参加した日本人選手たちの視点から東京パラリンピックを捉え、彼ら彼女らが当時置かれていた社会的な立場を、明るく前向きな態度で大会に臨む外国人選手との対比を交えて浮き彫りにしていること、また、そのような選手たちをも笑顔にし、社会復帰への意欲をもたらしたパラリンピックの意義やスポーツの力を浮き彫りにしていることです。わが国の本格的な障害者スポーツ振興はこの大会から始まったといっても過言ではありません。2020年に東京パラリンピックを迎えるにあたり、一人でも多くの方に本作品をご覧いただき、2020年大会を日本で開催する意義を考えるきっかけにしていただければ幸いです。


■「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」
2019年度 劇場公開予定
配給:KADOKAWA
撮影:渡辺公夫

写真提供:KADOKAWA