シム・ウンギョン×松坂桃李「新聞記者」に 原案・望月衣塑子記者が出演

映画・舞台 公開日:2019/05/22 6
この記事を
クリップ

一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作「新聞記者」が6月28日(金)から全国公開される。


現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にはない前代未聞の社会派エンタテインメント作として話題沸騰中の同作に、この度、同作原案の著者であり、菅官房長官の記者会見に連日出席、鋭い質疑応答で“菅官房長官の天敵”と称され、今、日本で最も有名な現役記者と言える、東京新聞社会部 記者・望月衣塑子が劇中に出演していることが解禁となった。




映画「新聞記者」は東京新聞・望月衣塑子記者の同名ベストセラー「新聞記者」(角川新書)を原案に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚・杉原(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いた完全オリジナル・ストーリー。望月記者が出演するのは、吉岡と杉原ら登場人物たちが、劇中で度々眺めるPC上に映し出される鼎談番組。これは、同作の為に、実際に撮り下ろされたもので、望月記者の他、元文部科学省事務次官の前川喜平、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長のジャーナリスト、マーティン・ファクラー、司会を務める新聞労連委員長の南彰の3人が出演、メディアや内閣情報調査室について、各自の意見を交わしている。


本鼎談は台本なし、ぶっつけ本番の完全ノンフィクション。同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶるメディアの激動期に、それぞれの立場で同調圧力に負けずに、個の力で立ち、発信を続けてきた話題のメンバーが集結して何が話し合われるのか?鼎談が暗示する、政界の闇の正体とは?フィクションと現実がダイレクトにリンクする、今だかつてなかった新しい作りに仕上がっている同作が、近年の日本映画が避けてきたタブーの領域に大きく踏み込む。


望月衣塑子 Profile】

1975年生まれ。東京新聞社会部記者。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。その後、防衛省の武器輸出、軍学共同などをテーマに取材。17年4月以降は、森友学園、加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている。二児の母。また、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー著の新書「同調圧力」(角川新書)が6月10日に出版されることも決定。自由なはずの現代社会で発言がはばかられるのはなぜなのか。“暗黙のルール”軽快に打ち破る著者たちが、息苦しい社会に一石を投じ、映画「新聞記者」にも通じるテーマを掘り下げている。

この記事の画像一覧 (全 2件)