松山ケンイチ×早乙女太一×堺雅人が叫演!映画『プロメア』 ロングPVついに公開

映画・舞台 公開日:2019/05/20 6
この記事を
クリップ

人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきが構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ究極のバトルエンタテインメントが誕生。他に類をみない規格外の熱さ・スピード・革新的映像表現で観る者の魂を燃やし尽くす映画『プロメア』がついに5月24日(金)より公開される。




本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に松山ケンイチ、ガロの宿敵となるリオ役に早乙女太一のW主演が実現。さらにガロの上司であるクレイ役に堺雅人、その脇を固めるケンドーコバヤシ古田新太など作品を燃え上がらせる超豪華キャスト陣が集結した。

さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyが本作の世界観をイメージして描き下ろし、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせる。

本作を一足早く鑑賞した方々からは「いやーーー派手!息つく暇がなかった!見応えがある作品とはなんぞや?と聞かれたら、迷いなくプロメアと答える」、「色使いと音楽と絵の構成が新しくて視覚聴覚をくすぐってくれる映画でした。」、「熱い熱い、とにかく熱い‼見終わった直後は完全燃焼して「熱い」しか言えなくなるほど熱い作品でした!」とその革新的なアニメーションと作品の熱に絶賛の声が後を絶たない。

そしてこの度、そんな作品の熱さとスピード感を凝縮したロングPVが到着。本作の主題歌であるSuperflyの『覚醒』とともに始まる今回の映像は、オープニングからまるでクライマックかと思わせる迫力満点のアクションシーンをふんだんに使用しており、リオの口から語られる衝撃の真実、その真実を知ったガロが抱く葛藤、そしてクレイの真の目的などが描かれ、新規カット満載の映像となっている。

さらに、本映像ではケンドーコバヤシ演じるビニー、古田新太演じるデウス博士の声も初めてお披露目されている。そして、堺演じるクレイが今まで見せなかった狂気を露わにして大絶叫!松山や早乙女が口を揃えて“迫力が凄かった”という堺の演技にも注目の映像に仕上がっている。

今までの日本アニメからは一線を画す革新的な映像世界と熱いドラマ要素満載の物語で、日本発の世界基準のアニメーションに仕上がった本作!そこに加わるキャスト陣の熱すぎる演技合戦が新時代の幕開けを告げる、本作『プロメア』に是非注目してほしい。

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG 

この記事の画像一覧 (全 10件)