永瀬廉、神宮寺勇太の衝撃作に「これ、“全宮寺(ぜんぐうじ)”勇太?」

映画・舞台 公開日:2019/05/18 20
この記事を
クリップ
}/

17日から公開の「うちの執事が言うことには」。主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎には、昨年5月に『シンデレラガール』で鮮烈にデビューを果たし今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関して特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑んでいる。




本日、都内で公開記念舞台挨拶が行われ、主演の永瀬廉清原翔神宮寺勇太優希美青神尾楓珠、久万真路監督が登壇した。同舞台挨拶は47都道府県の劇場に生中継されており、永瀬は「僕の初めての主演の作品が、いきなり47都道府県の方々に生中継で…今日から感想が知れるということですごい楽しみです」と喜びの挨拶。


公開日のちょうど一年前にクランクインしたということで「まだ一年しか経っていないけど、自分のアルバムをみているよう」と言い、初主演作にちなみ初体験エピソードを聴かれると「番組もそうですけど、雑誌は全部で100誌以上は受けたんかな。すごいときは1日20誌くらい撮ったりもしてたんですよ。それは初めての体験で、楽しいアッというまの時間でしたね」と注目度の高さを物とものしないさすがのコメント。


永瀬の主演ぶりについて、清原は「(撮影が)1年前ということで記憶が曖昧な部分もあるんですけど、間違いないことを言うと…」と切り出し「永瀬廉自体が人を巻き込む力をもっているのかな。現場に入ってくると、僕も含めスタッフさんとかも(テンションが)上がるんで」と絶賛。すると永瀬が「もう1回、最初の方の言葉、言ってもらっていい?聴こえんかったわ」とおねだり。「どこだっけ」ととぼける清原に対し、耳打ちし「永瀬廉って人を巻き込む力がある」と言わす?と、間髪入れず「はい、ここニュースのトップでお願いします!」とさすがのアピール力。負けじと清原も「ちゃんと清原が言ったと(書いて)。お願いします」。息の合ったやり取りで会場から笑いを誘っていた。


続いて、神宮寺も「本当に、初主演とは思えないほど、(永瀬は)堂々としていて、廉が現場や楽屋入りすると、華やかな空気になるんですよ」とこちらも絶賛。続けて「ここ(自分が発言したと)黒字で書いておいてください」と先ほどのやり取りに乗っかりおねだり。永瀬も「もう一回言っといた方がいいで」と後押し、「華やかな空気になるんですよ!」とこちらもチームワークの良さを見せていた。


神尾からは「唯一、廉と一回だけ2人でご飯にいったんですよ。何でか分からないですけど、急に誘われて」といきなりのお誘いに戸惑ったと打ち明けると、永瀬は「共演する前に、一回プライベートで遊んでたみたいなんですよ。フットサルで。だけど、楓珠が(現場に)来たときに“初めまして”って言ってしもうて」と初対面を忘れていたため、お詫びを含めたお誘いだったと真相を明かしていた。


さらに、作品の見どころをそれぞれ絵に書いて発表することになり、衝撃的?な画力の披露が続く中、神宮寺のフリップが公開されると同じような5つの顔が。「祭りで売っているお面?」と永瀬がツッコむと「違います。これは全部僕です!」とここでもアピール。さらに、永瀬とのやり取りは続き「全部“ぐうじ”?全宮寺(ぜんぐうじ)?コレ?」「全宮寺です」「全宮寺勇太?」と名前に掛けたやり取りに会場は爆笑。「いろんな僕の表情を観てもらたい」とのことで“泣き顔、笑顔、含み笑い、考えているときの顔、ボーっとしているときの顔”を書いたと説明していた。


©2019「うちの執事が言うことには

配給:東映