永瀬廉、清原 翔に「シンデレラガール」の振り付けを指南?“うち執”撮影裏公開

映画・舞台 公開日:2019/05/15 8
この記事を
クリップ

ミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が待望の実写映画化。令和元年、5月17日(金)より全国ロードショーとなる。




主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎には、昨年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬廉。永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、清原翔。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍しながら、現在放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演中の若手注目俳優の1人。若き当主と、仏頂面の執事…。気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太も出演。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾っている。


この度、チーム“うち執”の仲睦まじくも連帯感溢れる撮影時のオフショット満載のスペシャルメイキング映像が解禁された。King & Princeが歌う同作の主題歌『君に ありがとう』のメロディーにのせて、永瀬をはじめ、清原や神宮寺らキャストたちの本編では観ることができない、映画撮影期間の舞台裏の“素顔“がぎっしり。


永瀬、清原がこの映画で最も苦労したと語っていた所作指導を受けながら練習を重ねているシーンや、神宮寺が恥ずかしくて戸惑ったと言っていた花穎(永瀬)にハグする初対面のシーン、撮影合間に永瀬、神宮寺2人揃ったオフショットや、撮影したシーンを真剣な眼差しでチェックする永瀬の姿。更には、撮影時期にちょうど『シンデレラガール』でCDデビューした永瀬が自ら、清原に『シンデレラガール』の振り付けを指南し、劇中では”不本意コンビ”を演じた2人が”息ぴったり”に踊る貴重な映像を見ることができる。


キャスト・スタッフ陣が口を揃えて「撮影の合間も花穎のように、自然と永瀬くんのまわりには和ができ、ムードメーカーだった」と語る。永瀬と久万監督を中心にいつも明るい雰囲気で、空き時間にはみんなでお喋りをしたり、ふざけあったり、一緒に遊んだりしてコミュニケーションをとりながら撮影が進んでいったのだそう。


久万監督の「今までの執事物のジャンルの中でも最高級のものを!」という意気込みのもとに、こだわり抜かれたロケーションやセットで撮影された誰もが羨む上流階級感あふれる数々のシーンや、物語のクライマックスとなる重要なシーンの舞台裏、そして全ての撮影を終え久万監督から花束を受取り、そこにサプライズで駆けつけた神宮寺を見て「なんで!?なんで!?」とびっくりしながらも、固く握手を交わし、こみ上げる想いと涙…感動のクランクアップの様子を同映像で垣間見ることができる。「うちの執事が言うことには」の全貌を一日も早く劇場に行って確かめたくなること間違いなしの映像となっている。


さらには、永瀬、清原、ペロ役のカイルのメイキングカットも公開。永瀬が「なかなかなついてくれなかった」というペロとの貴重なショットだ。


そして、5月18日(土)に行われる同作の公開記念舞台挨拶では、全国からの要望が強く、主演の永瀬をはじめ、清原、神宮寺、優希、神尾、そして久万監督が登壇し、47都道府県116の劇場で舞台挨拶の様子が生中継されることも決定しており、映画公開記念の舞台挨拶をキャストと共に過ごすことができる貴重な時間となっている。「うち執」の独特の世界感に魅せられる!極上の上流階級ミステリーの誕生を楽しみに待っていよう。


配給:東映 

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会