佐藤流司、韓流スター役で韓国語に初挑戦「初恋」本編映像解禁

映画・舞台 公開日:2019/05/07 8
この記事を
クリップ

ミュージカル「テニスの王子様」2nd シーズンやライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、ミュージカル「刀剣乱舞」等、2.5 次元と呼ばれる舞台作品への出演を数多くこなし、昨年末の紅白歌合戦にも出場した佐藤流司が出演する映画「初恋〜お父さん、チビがいなくなりました」(5月10日公開)で、倍賞千恵子演じる有喜子が憧れる韓流スターを演じた本編映像を解禁いたします 。



佐藤は劇中劇の韓流ドラマを演じる際に韓国語に初挑戦。監督から何度もダメ出しをされてようやくOKになったのも束の間、まさかの自分で自分に日本語のアフレコをすることに。そんな珍しい体験をした本編映像が解禁された。なお、佐藤は韓流スターの他にも行方不明になった猫のチビを探すペット探偵も演じている。その姿はぜひ劇場でチェックしてみていただきたい。

本作は長年連れ添った夫婦の秘めた想いと愛を描き「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼んだ西炯子の人気漫画を倍賞千恵子、藤竜也の映画初共演で映画化。

亭主関白な夫に心から尽くしながら、自分は本当に夫から愛されているのだろうかという寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じる倍賞千恵子。そんな妻に対して夫は無口でぶっきらぼう。離婚を突き付けられ、ずっと心に秘めていたある想いを告白する 夫・勝を演じるのは藤竜也。長年連れ添いあった夫婦を自然に、そして心はすれ違っているさまを細やかに演じ、観る者の心に深い感動を残す。

母から離婚話を聞き動揺する娘・菜穂子を演じるのは、近年映画・ドラマに欠かせない存在となった市川実日子、夫婦の関係に波風を起こす女性・志津子役で故・星由里子の他に、佐藤流司、小林且弥、小市慢太郎、西田尚美、優希美青、濱田和馬、吉川友の豪華キャストが集結。監督は「毎日かあさん」「マエストロ!」の小林聖太郎。50 年一緒に過ごしてきて、初めてお互いの気持ちに向き合う2人に起こる、猫がくれた優しい奇跡を描いた1本。


©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)