浜辺美波×高杉真宙が初タッグ、最狂×最弱の凸凹コンビ誕生

映画・舞台 公開日:2019/05/02 12
この記事を
クリップ

女優の浜辺美波が主演を務める「映画 賭ケグルイ」(5月3日公開)。本日浜辺と俳優の高杉真宙がタッグを組み、ギャンブルに挑戦する場面写真が公開になった。



ギャンブルの強さ”が全ての私立百花王学園を舞台に、夢子と学園を支配する生徒会の戦いに注目が集まる中、“非ギャンブル・生徒会への不服従”を掲げる反生徒会の組織「ヴィレッジ」が登場。生徒会は夢子ともども「ヴィレッジ」を排除しようと、2 人 1 組で強制参加させ、不参加者を即刻退学処分の罰に処するギャンブル・イベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。転校早々に生徒会の役員を次々と打ち負かしてきた夢子のもとには、多くの生徒がペアになりたいと押しかける。その中には、かつて生徒会役員として戦った皇伊月(すめらぎいつき/松田るか)の姿も…

しかし夢子は、小心者でお世辞にもギャンブルが強いとは言えない鈴井をパートナーに指名。ドラマ season1 で早乙女芽亜里(さおとめめあり/森川葵)に負け、人としての権利を失う“家畜”に陥落してしまった鈴井を、夢子が助けたことがきっかけで友人となった 2 人。夢子のギャンブルを、時に絶叫しながらハイテンションで見守ってきた鈴井とは、実はタッグを組んで戦うのはこれが初めて。

ハイリスクなギャンブルに嬉々として身を投じる夢子を止めたり、身を案じたりと、クセが強すぎるキャラクターたちが登場する「賭ケグルイ」の中で、唯一の一般人である鈴井。生徒会をはじめ、実力は確かだがもとは敵対関係にあった芽亜里と木渡潤(きわたりじゅん/矢本悠馬)の異色のペア、そして第 3 勢力の「ヴィレッジ」という強敵揃いのこのゲームで、最狂の夢子×最弱の鈴井の凸凹コンビは、どう切り抜けていくのだろうか―!?

予測不可能な夢子の奇策に振り回され、いつも以上にハイテンション&オーバーリアクションな鈴井にも、乞うご期待。


<作品概要>

シリーズ累計 500 万部を突破した河本ほむら原作・尚村透作画の大人気コミック「賭ケグルイ」。2018年に実写ドラマ化、続く「賭ケグルイ season2」も独特な世界感やクセの強すぎるキャラクターの再現度の高さが話題となった。そして、5 月 3 日(金・祝)には、『映画 賭ケグルイ』が公開となる。

原作者・河本氏がシナリオ原案として参加し、英勉監督とタッグを組んで作り上げた映画オリジナルストーリーを描いた本作。映画オリジナルのゲームも登場する本作で、最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺美波)と、「賭ケグルイ」きってのヘタレキャラ・鈴井涼太(すずいりょうた/高杉真宙)がペアになってギャンブルを繰り広げている。

©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 2件)