横田龍儀「涙あり、笑いありの超大作です!」MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~開幕

映画・舞台 公開日:2019/04/25 21
この記事を
クリップ

【皆木綴役・前川優希 コメント】

MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~が始まったとき、一番最初に舞台に出た時は緊張とか怖さとかがあったんですけど、今これからSPRING単独公演が始まるってなったときは、不安とか怖さはあまりなくて。それは作品が素晴らしいからということがもちろんあるんですけど、春組を初め夏・秋・冬、大人組や水野(笹森)だったり、MANKAIカンパニー全員だからこそ面白いものができるという自負のもと、初日を迎えようとしています。今は楽しみという想いが強いです。みなさんもこの気持ちを共有して、楽しんでいただけたらと思います。


【茅ヶ崎至役・立石俊樹 コメント】

春組単独公演が決まったときから純粋に楽しみで、不安より楽しみが大きかったです。秋組・冬組公演に僕と綴が出ていて、その時から次は俺たちの番だと思っていて、実際稽古が始まってからも、さきほど優希がいったように、怖さよりも仲間を信じきっているし、自分のやるべきことをしっかり果たすということで、楽しむことにフォーカスできたなと思って稽古期間を過ごしていました。幕が開けるのが楽しみですし、早く監督さんの前に立って、皆さんの笑顔が見たいなという気持ちです。


【シトロン役・古谷大和 コメント】

いよいよ初日を迎えられるんだなと。本当に待ちに待ったという気持ちでいっぱいです。でもまだ完成していないと思っています。監督さんが劇場にいらっしゃって、見守っていただいてようやく完成する舞台なので。お客様には期待を持って、楽しみながら最後まで見守っていただけたらと思います。


【水野茅役・笹森裕貴 コメント】

僕は劇団員ではないので、劇団員の方を外から稽古場でずっとみていたんですが、団結力や素敵なきらきら光るものがみなさんから発せられて、僕もしがみつくような思いで稽古に挑みました。劇団員以外のキャラクターがここまでフォーカスされるのはないと思うので、みどころだと思います。綴くんとの関係性をしっかり僕の水野茅で伝えていけたらと思います。


MANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~は、ダウンロード数600万突破のイケメン役者育成ゲーム『A3!』を舞台化。新生MANKAIカンパニー各組旗揚げ公演を描いた第一部を終え、本公演では春組にスポットを当てた、第二回公演『不思議の国の青年アリス』、第三回公演『ぜんまい仕掛けのココロ』の2ストーリーを展開する。


ⓒLiber Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ⓒMANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019




2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)