上映前に思わずうっとり、永瀬廉×清原翔の上品すぎる劇場マナーCM解禁

映画・舞台 公開日:2019/04/24 3
この記事を
クリップ

誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が待望の実写映画化。令和元年、5月17日(金)より全国ロードショー。




主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎には、King & Princeの永瀬廉。永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、現在放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演中の若手注目俳優、清原翔。若き当主と、仏頂面の執事…気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。さらには、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じるのは永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾っている。


この度、「うちの執事が言うことには」の初出し映像を含む、劇場マナーCM映像が解禁。「上流階級に学ぶマナー講座」と題し、永瀬演じる若き当主・烏丸花穎と清原演じる仏頂面執事・衣更月蒼馬、不本意ながら主従関係を結んでいる2人のかけあいで、「携帯の電源はOFFに」「ご飲食の際は周りの方にご配慮を」など、映画上映中誰しもが気をつけるべきマナーの案内はもちろんのこと、「執事を呼ぶベルは鳴らせません」「執事同伴でもご鑑賞いただけます」など、同作ならではのユーモア溢れるマナーも案内。「考えてみてくれよ」という、神宮寺演じるミステリアスな男・赤目刻弥のセリフがアクセントにもなっている。映画を観る前に、上流階級を舞台に描かれる同作のマナーCMを観ると、少し優雅な気持ちで映画鑑賞ができるのかも…?同映像は、4月26日(金)より順次、新宿バルト9他、ティジョイ系列劇場にて、映画の幕間に上映される。


合わせて、名門・烏丸家の執務室で、当主・花穎と執事・衣更月、そして烏丸家の使用人たちが集まるシーンのカットも公開。花穎と衣更月は、烏丸家におこる数々の不可解な事件の謎を解き、烏丸家と使用人たちを守ることができるのか―。公開を楽しみに待っていよう。