GLAY「劇場版 FFXIV 光のお父さん」主題歌書き下ろし、本予告映像が解禁

映画・舞台 公開日:2019/04/24 5
この記事を
クリップ

6月21日(金)公開の映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」の主題歌をGLAYが書き下ろすことが発表され、本予告映像が解禁された。




この映画は息子である事を隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作。この連載はたちまち人気を集め、連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほど話題に。その後、SNSで絶賛の声が爆発的に広がり、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現。さらに地上波でドラマ化もされた感動作が、スクウェア・エニックスの全面協力を得てついに映画化となった。
ずっとすれ違ってきた父子が、オンラインゲームの世界を共に旅する。しかし父は、それが息子であることを知らない―。実際に、息子が父親の本音を知るために計画をした一風変わった親子の感動作に、息子・岩本アキオ役に坂口健太郎、父・岩本暁役に吉田鋼太郎のW主演、そしてアキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太、アキオの母親役に財前直見と豪華キャストが集結した。
GLAYTERUが本作のために書き下ろした楽曲『COLORS』は、自身がFFXIVプレイヤーとして見てきた景色と、今回の話がなければ生まれなかったと語り、その歌詞は本作で描かれる父と子の関係性を絶妙に表現したものになっている。この楽曲について、TERUは「親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください」とコメントを寄せる。

また、挿入歌には自身で作詞作曲編曲までこなす3Vo1DJのグループ、THE BEAT GARDENが決定。初めての映画挿入歌という事で、喜びも溢れる映画に寄り添った渾身の楽曲になっている。

TERUコメント】
劇場版・光のお父さんの主題歌のお話を頂いたのは結構前なのですが、お話をいただいてからというもの、光の戦士としてFF14の世界をあらゆる角度から見てきました。長くプレイしなければ感じられない機微を音楽で表現したくて試行錯誤した結果、形になった音楽がこの『COLORS』です。なので、今回のお話がなければ、この曲は生まれていません。親子関係の複雑な感情をテーマにしてます。心の奥底にある愛情を求める寂しさをなかなか伝えられないもどかしさ。もし、同じ環境にいる方がいたら是非、この映画を見て、この曲に寄り添ってみてください。

(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会
(c)マイディー/スクウェア・エニックス

この記事の画像一覧 (全 8件)