朝ドラ「なつぞら」で話題、清原翔のイケメン執事姿にドキドキが止まらない

映画・舞台 公開日:2019/04/22 10
この記事を
クリップ

誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が待望の実写映画化。5月17日(金)より全国ロードショー。




主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎には、昨年5月に『シンデレラガール』で鮮烈にデビューを果たし今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関して特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑む。永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、清原翔。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍しながら、現在放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」へ出演中、若手注目俳優の1人。この物語の軸となる“執事役”を凛とした存在感で体現。若き当主と、仏頂面の執事―気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かう。


本日4月22日はなんと【執事の日】。近年よく耳にするようになった「執事」とは、上流階級の資産家や政府要人に使え、使用人を統括し、家政の管理、資産の管理などを行っている。劇中でも、永瀬演じる若き当主に仕えることになった、清原演じる仏頂面の新米執事が、気が合わないながらも食事の準備、絵画の管理、使用人たちを統括し、ときには、烏丸家の使用人の一員として、花穎が“番犬”を命じた子犬のペロの指導まで任されている。


同作で、花穎の執事となった衣更月蒼馬を演じた清原翔。クランクイン前から、永瀬と共に同作で執事監修を務めた日本バトラー&コンシェルジェ株式会社、代表取締役の新井直之氏に所作指導を受け、「撮影前に、実際に執事を指導されている方に所作やマナーを教わって練習しました。まずはシンプルに背筋を伸ばして姿勢をよくする事。お辞儀も色々教えてもらいました。お辞儀って、その時々によって角度が違うもので、例えば、日常の挨拶のお辞儀は浅めに、最敬礼の時には45度。でも、確実に45度よりは深くお辞儀をしないといけないのです。お辞儀ひとつとっても色々あるんだと思いました」とコメント。さらに「撮影中ティーポットを持ってカップに注ぐということが難しかったのを覚えています。意外とティーポットって重いんです。その他に執事は自分が動いている時には言葉を発してはいけないというルールがあるのですが、映画の中で、衣更月は結構動いているのにセリフがあったりして、このルールを忠実に守って演じると、変な間が生まれたりして。“この間はどうしたらいいのだろうか?”と現場で戸惑う瞬間がありました。姿勢を直したり、作法を習ったりと大変でしたが、今まで演じたことがない役柄に挑戦できて光栄でした」と所作に苦戦しつつも衣更月を演じきったことを振り返った。


1991年連載開始の「伯爵カイン」(由貴香織里/白泉社)をはじめ、「ハヤテのごとく!」(畑 健二郎/小学館)、「黒執事」(枢やな/スクエア・エニックス)、「メイちゃんの執事」(宮城理子/集英社)、「謎解きはディナーのあとで」(畑 健二郎/小学館)などの作品がアニメやドラマ化され、“執事”ブームを巻き起こし、現在では執事カフェなど私たちの生活の中に波及してきている。2019年春、ドラマ「執事 西園寺の名推理2」や、音久無の新連載「執事・黒星は傅かない」(花とゆめ)など、“執事”にまつわるドラマや漫画、映画が目白押し。“執事”ブーム再来の予兆をヒシヒシと感じる中、“うち執”に登場する絵に描いたような理想のイケメン執事・衣更月に「私もこんなふうにお世話されたい。守られたい」と妄想を膨らます多くの女性達のハートを鷲掴みすること間違いなし。


配給:東映

ⓒ2019「うちの執事が言うことには」製作委員会




この記事の画像一覧 (全 4件)