“日本一のコスプレイヤー”えなこが映画デビュー、福原遥とギャンブルで対決

映画・舞台 公開日:2019/04/22 9
この記事を
クリップ
}/

5月3日に全国公開となる『賭ケグルイ』に、“日本一のコスプレイヤー”として注目を集めるえなこが出演することがわかった。




シリーズ累計500万部を突破した河本ほむら原作・尚村透作画の大人気コミック「賭ケグルイ」。“ギャンブルの強さのみ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、最強ギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ/浜辺美波)を中心に繰り広げられる、予測不可能なギャンブル・バトルが描かれている。2017年はアニメ「賭ケグルイ」が放送され、翌年には、実写ドラマ化が実現。さらに今年は、アニメ続編となる「賭ケグルイ××」が放送されたほか、ドラマ続編「賭ケグルイseason2」が絶賛放送中。

そして、原作者・河本氏がシナリオ原案・監修として参戦し、英勉監督とタッグを組んで、オリジナルストーリーを作り上げた『映画 賭ケグルイ』が5月3日(金・祝)に全国公開となる。

ドラマに続き、夢子と桃喰綺羅莉(ももばみきらり/池田エライザ)率いる生徒会の戦いに注目が集まるなか、学園では反生徒会組織「ヴィレッジ」が勢力を強め、新たに生徒会を脅かす存在となる。ギャンブルが全ての学園で、“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる「ヴィレッジ」と夢子を排除するために、生徒会は不参加者を即刻退学処分にするギャンブルイベント「生徒代表氏名選挙」の開催を宣言。原作にはない、夢子vs生徒会vsヴィレッジの、学園中を巻き込んだ壮絶な三つ巴戦をハイスピード&ハイテンションで描いている。

浜辺美波や高杉真宙など、ドラマお馴染みの出演陣に加え、映画オリジナルキャラクターとして宮沢氷魚や福原遥ら、若手実力派が新たに参戦。そんな中、“日本一のコスプレイヤー”として注目を集める、えなこが本作に出演していたことが判明した。

1/3ページ

この記事の画像一覧