金髪菅田将暉が狂気の笑み、不安げに佇む太賀「タロウのバカ」ビジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2019/04/19 4
この記事を
クリップ

主演に新人のYOSHI、共演に菅田将暉太賀を迎えて、大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作「タロウのバカ」。今秋、テアトル新宿ほかにて公開される。




この度、菅田将暉太賀のキャラクター写真が解禁となった。タロウ、エージ、スギオ。刹那的に生きる3人の少年を描く、純粋で過激な問題作。生まれてから一度も学校に通ったことがない主人公タロウを演じるのは、大森立嗣監督に抜擢され、本作が俳優デビュー作となる16歳の異端児YOSHI。そして、発表されていなかった菅田将暉太賀の役柄は、タロウと行動を共にする高校生のエージとスギオ役ということがキャラクター写真とともに明らかとなった。やるせない悩みを抱え暴力に走ってしまう少年エージ役は、「ディストラクション・ベイビーズ」(16)、「あゝ、荒野」(17)、「アルキメデスの大戦」(19)など野心的な作品から超大作まで、ずば抜けた感性で幅広い役柄をこなす菅田将暉。エージの親友で、理性的で臆病な少年スギオを演じるのは、「南瓜とマヨネーズ」(17)、「来る」(18)、「町田くんの世界」(19)など話題作への出演が相次ぐ太賀



そして、新たに4名の追加キャストも発表された。タロウたちと対峙する半グレ集団のリーダー吉岡役には、「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(12)、「友罪」(18)などの奥野瑛太。エージ、スギオと同じ高校に通う、援助交際を繰り返す洋子役には、「日日是好日」(18)、「ママレード・ボーイ」(18)の植田紗々がオーディションにて選ばれた。タロウを育児放棄している母親、恵子を演じるのは、テレビ、映画、舞台と幅広く活躍する豊田エリー。そして、元ヤクザで吉岡と共に裏ビジネスを生業とする小田役には、「地獄でなぜ悪い」(13)、「哭声 コクソン」(17)などの日本映画の重鎮、國村隼が扮している。



監督・脚本・編集:大森立嗣

出演:YOSHI 菅田将暉 太賀 奥野瑛太 植田紗々 豊田エリー 國村隼

配給:東京テアトル

(c)2019映画「タロウのバカ」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連記事