佐藤流司、猫との共演を期待するも出会えず「唯一の心残り」

映画・舞台 公開日:2019/04/10 48
この記事を
クリップ

俳優の佐藤流司が10日、都内で行われた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』(5月10日公開)の完成披露試写会に倍賞千恵子藤竜也市川実日子小林且弥、猫のりんご、小林聖太郎監督と参加した。




佐藤はペット探偵と倍賞が惚れる韓流スターを一人二役で演じている。佐藤は「演技に関しては人生で初めて韓国語に挑戦しました。喋ってその上でアフレコするという…」と苦労を滲ませると、小林監督からは「韓国語セリフに関しては何度もNGを出したけれど、一切使っていないというイジメみたいな演出をした」と謝罪が。それに佐藤は苦笑いしつつ「ありがたい!」と鍛錬に前向きに感謝していた。

黒猫のりんごとの共演には「自分は2匹の猫を飼っているので、撮影で猫に会えると聞いて『マジか!』と。猫に触れ合って最高の仕事だな!と思ったら、結局一度も触れ合えずそれが唯一の心残り」と残念そう。今回佐藤は韓流スターとしてベテランの倍賞に惚れられる役を演じたが、それについて「本当に嬉しいです」と感情ゼロで喜ぶと、すかさず倍賞から「無理に言わないでいいのよ~」と気を使われていた。

倍賞と藤は、プライベートではそれぞれ伴侶を得ている熟年夫婦。夫婦円満の秘訣を聞かれた倍賞は「長く続くということは、それだけお互いを必要としているということ。だからこそ、思いを言葉にして伝えた方がいい。夫が妻の肩に手をかけるとか、スキンシップも大事」と実感を込めてアドバイス。藤は「僕は円満なんだよね~」とのろけつつ「夫婦とは、二つの自我が死ぬまで一緒に暮らすということ。二つの違う自我が暮らすのは厄介。だからこそ気を使ってメンテナンスをしなければダメだね」と持論を述べた。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連記事

Md p6jm82fr62i537anwpy
西銘駿&塩野瑛久、新ドラマ「Re:フォロワー」をアピール「とんでもないものができる予感」
TV 2
Md hz6sxvaehzw3nsuglen
和田雅成、役者としてのビジョンを語る「この仕事をいつまでも好きであり続けたい」
芸能総合 2
Md p60as4t0jl3nxz7c28y
西銘駿 塩野瑛久 ダブル主演、佐藤流司 和田雅成共演の10月期ドラマ「Re:フォロワー」放送決定
TV 3
Md sq15wxsrnsgqhiz4tt9
和田雅成、共演の佐藤流司は「頭くしゃくしゃしたくなるやつ」
TV 3
Md tagsk4o2f4kdl33ums3
「凪のお暇」高橋一生の号泣&顔芸で株爆上げ、中村倫也はキスの“沼”
TV 33
Md sfugs3b5thpgwf6niei
草彅剛主演「台風家族」主題歌をフラワーカンパニーズが書き下ろし、特報映像公開
音楽 11
Md p2155sziv8oc8cqqsmo
「凪のお暇」黒木華&中村倫也が二人きり…“やべぇ”発言にドキドキ
TV 13
Md bw354fg9o30guoqkr25
大人数×ド派手×熱すぎる!!「HiGH&LOW THE WORST」本予告解禁
映画・舞台 4