新生Snow Man「滝沢歌舞伎ZERO」公演で、9人体制での新曲初披露

映画・舞台 公開日:2019/04/11 5
この記事を
クリップ

10日、新橋演舞場で「滝沢歌舞伎ZERO」の囲み取材&ゲネプロ公開が行われた。2018年末で芸能界を引退した滝沢秀明に代わり、メインキャストを務めるのは2012年から8年連続シリーズに出演してきたジャニーズJr.のグループ「Snow Man」(岩本照深澤辰哉渡辺翔太阿部亮平佐久間大介宮館涼太ラウール向井康二目黒蓮)。すでに2月の京都・南座での公演を務めあげ、本日から東京公演をスタートさせる。同公演からは、若干15歳のラウールが初参加。




同公演で、9人体制となって初披露となる新曲『Make It Hot』の衣装で登場したSnow Man。デザインを担当したというメンバーの宮館は「僕から見た一人一人の個性を生かして作らさせていただきました」と話すように、それぞれポップな色使いの中にも、レースをあしらったり、ジャケットの半分を違う生地で合わせたりと、細部までかなりこだわりが詰まっている様子。初披露となった楽曲も、軽快なノリの良さがありながらも、パンチのある仕上がりとなっており、彼らのカッコよさを存分に堪能することができる。


もちろん他にも、歌にダンスに、アクロバティック、殺陣、さらには歌舞伎まで次々に展開される演出は見どころ満載。彼らの懸命で、そしてまだまだ未知の力を感じさせる姿を応援せずにはいられない。滝沢秀明が表舞台から去っても、見事に新たな「滝沢歌舞伎ZERO」を作り上げた彼らにぜひ注目してほしい。