映画「キングダム」公開まであと2週間 今まで見たことない山﨑賢人がそこに

映画・舞台 公開日:2019/04/04 5
この記事を
クリップ

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は53巻まで刊行され、累計発行部数3800万部超(2019年3月現在)を記録。この大ヒット作品を原作とするエンターテインメント超大作、映画「キングダム」がいよいよ4月19日(金)から全国公開される。




主人公・信には、映画・ドラマ・CMと話題作への出演が続き日本を代表する役者となった山﨑賢人。同作では、これまでに抱いていた山﨑のイメージを覆すような“信”を作り上げている。猪突猛進で熱き想いを抱く青年を全身全霊で演じ、そのまなざしや発する声に心打たれること間違いなし。クランクイン前から取り組んだアクションも見どころの一つ。妥協のない佐藤信介監督ならではの演出に、見事に応える躍動感あふれるアクションを見せている。


そして、若き王・嬴政には、近年めざましい活躍を見せる吉沢亮。彼がまとう、その気品・威厳・風格は、動乱の世にありながら中華統一を目指す若き王そのもの。さらに、山の民の美しき王・楊端和に長澤まさみ、信・嬴政と行動を共にする河了貂に橋本環奈、秦の六大将軍・王騎に、大沢たかおがキャスティングされた。その他、本郷奏多満島真之介髙嶋政宏要潤など、実力・話題性に秀でた豪華キャストがそろい踏み。スペクタクルな映像、人間模様と意志の力を描いた心情描写、いまだかつてないエンターテインメント超大作「キングダム」を期待して待っていよう。


<ストーリー>

戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる…。

王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。

「お前に頼みたいことがある」

血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信!俺を天下に連れて行ってくれ…」

力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。たどり着いた先に、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!?死んだはずの漂がなぜ?

「お前が信か。」

そこに居たのは、玉座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・嬴政(吉沢亮)だった。その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。激高する信だったが、国を背負う嬴政の強さと漂の意思を受け止め、嬴政と共に行動することを決意。二人は王宮を奪還するため立ち上がる。しかし、それは嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。

中華統一。戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。その夢は途方もない修羅の道。若き二人の戦いの火蓋が切られた—。

※春秋戦国時代

古から続く動乱の世、中華は「戦国の七雄」と呼ばれる七大国【秦・燕・趙・斉・楚・韓・魏】が覇を競い、激しい争いを繰り広げていた。終わりの見えない戦いは混迷を極め、500年にもわたり続いていた。


『キングダム』

監督:佐藤信介

脚本:黒岩勉 佐藤信介 原泰久

出演:山﨑賢人

吉沢亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多

満島真之介 阿部進之介 深水元基 六平直政

髙嶋政宏 要潤

橋本じゅん 坂口 拓 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司

大沢たかお

製作:映画「キングダム」製作委員会

配給:東宝 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公開:2019年4月19日(金)全国東宝系にてロードショー

Ⓒ原泰久/集英社 Ⓒ2019映画「キングダム」製作委員会