上白石萌音、主演映画の舞台あいさつで主題歌生披露「幸せー!」

映画・舞台 公開日:2019/03/28 12
この記事を
クリップ

女優の上白石萌音が28日、都内で行われた主演映画「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」アコースティックライブ付き舞台あいさつに、andropの内澤崇仁とともに登壇した。




本作の原作は、コミックス累計発行部数が1088万部を突破し、2014年にも実写映画化されて「壁ドン」が社会的な現象を巻き起こした、渡辺あゆ氏の人気少女漫画「L・DK」。今作では、素直で明るい主人公・西森葵(上白石)と、学校一のイケメンでスポーツ万能&頭脳明晰で葵と同居する彼氏・久我山柊聖(杉野遥亮)、柊聖の従兄弟でアメリカで生まれ育った久我山玲苑(横浜流星)のドキドキの三角関係を描く。

3月21日から公開されている本作の反響は届いているか尋ねられた上白石は「けっこういただいております!“こんな青春ほしかったけどなかった”とか、SNSでもコメントをいただいていますし、本当にありがたい限りで、公開されたんだなあ、届いているんだなあっていうのを直に受け取れる時代だなと思いましたね」と笑顔を見せ、印象に残っている感想については「お母様が小学校2年生のお子さんを連れて映画を見てくださったみたいで、息子さんが終わったあと、しきりに『僕も葵ちゃんと一緒に住みたい』って(笑)。『柊聖いいなあ』っていうのを聞いて、新しい声だなと思ってとっても嬉しかったです」と声を弾ませた。

また、キャンペーンで全国各地を回った上白石は、思い出を聞かれると「総じてなんですけどご飯が美味しかったです(笑)。私しか食べていないものがあって、博多の屋台!美味しかったですね。店主のお父さん、お母さんと仲良くなりましたし、大阪で焼肉を食べたときに隣のサラリーマンのおじちゃんとも仲良くなりました」と打ち明け、地元の鹿児島でも舞台あいさつを行ったそうで「情けない話なんですが、登壇してみんなから『おかえりー!』って言われた瞬間にドーッと涙が…。泣いてしまいまして、自分では大丈夫なつもりでも緊張していたんでしょうね。それがそこで一気に解き放たれた感じがして、私にとっての初日は鹿児島だったなって思うくらい嬉しかったです」としみじみと語った。

主題歌『ハッピーエンド』は、アーティストとしても活動する上白石が、デモ音源を聴き“この曲をどうしても歌いたい”と熱望し、そこに内澤が映画を見て歌詞を書き下ろし、本作にふさわしい楽曲になっている。2人は7〜8年前に出会い、2年前に上白石から楽曲提供をお願いされた内澤が『ストーリーボード』という曲を提供して再会。その際の候補曲の中の1曲が『ハッピーエンド』の元になっているという。

『ハッピーエンド』について上白石は「2年間、ずっとこの曲が忘れられず、今回『L♡DK』の主題歌を歌わせていただくってなったときにバチンと!『誰にどんな曲を書いてもらいたい?』って聞かれたので、『内澤さんのあのときのあの曲をお願いします』って」と同曲に恋い焦がれていたそうで、「名曲すぎて、ほかの誰かが歌っているかもしれないって思ったんですけど、とっておいてくださって」と目を輝かせると、内澤も「歌入れまでしていただいていて、いつか形にしたいなという思いはあったので、時がくるのを待っていました」と告白。上白石は「2年間の曲への片思いが、この映画によって成就しました」と嬉しそうに語った。

そんな曲を受け取った際の心境を尋ねられた上白石は「2年間ずっと焦がれていたので、本当に嬉しかったですし、男性の内澤さんがどうしてこんなに乙女な歌詞を書けるんだろうって驚きました」と吐露し、「歌詞がまさに撮影中の葵の気持ちだったんですよ!葵が日記を書いたみたいな歌詞なんです」と興奮気味にコメント。同曲に対する杉野の横浜の反応について聞かれると、上白石は「ものすごく好きだって言ってくださって、特に杉野君がめちゃくちゃハマっていて、地方キャンペーンのときにずっと歌っていました(笑)」と明かした。

イベントでは、そんな楽曲を生披露した上白石と内澤。上白石の美しい歌声が館内に響き渡り、観客のみならず、スタッフや報道陣も魅了。涙を流す観客がいたことを知らされると「花粉症じゃなくて?」とお茶目な一面も覗かせた。歌唱後、上白石は「終わっちゃったかあ。もう1回やりたい!幸せー!」と夢見心地だった。そんな同曲は4月5日に配信シングルとしてリリースされる。

この記事の画像一覧 (全 27件)