名バイプレーヤー松重豊、映画初主演で“男性不妊”に 妻・北川景子と妊活描く 

映画・舞台 公開日:2019/03/27 4
この記事を
クリップ

日本を代表する名バイプレーヤー松重豊、待望の初主演映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」が、10月に全国公開することが決定。




原作は作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社刊)。一般的に馴染みの薄い“男性不妊”を真正面から描きながらも、ヒキタのユーモアあふれる語り口で展開される同作は大きな話題を呼び、作家・角田光代も大絶賛。この度、実写映画化が決定した。


主人公のヒキタさんを演じるのは、数多くのテレビドラマや映画、CMや舞台などで見ない日はない名バイプレーヤー松重豊。主演テレビドラマ「孤独のグルメ」が日本のみならずアジアでも大人気の松重は、同作が映画初主演となる。男性不妊という現実にショックを受けながらも、それを受け止め、夫婦で力を合わせ、全力で妊活に取り組むヒキタの姿を、時に頼もしく、時にコミカルに演じ、ユーモアたっぷりの愛おしきヒキタ像を作り上げている。


ヒキタと二回り近い年下の妻・サチを演じるのは、老若男女問わず絶大な支持を集める北川景子。松重と共演経験はあるが、夫婦役は初となる。懸命にヒキタを支え、共に困難を乗り越えていく健気な妻の姿を見事に体現した北川は、同作で新境地を開いている。さらにヒキタ夫婦を取り巻く人々にも実力派俳優陣が集結。ヒキタの担当編集者・杉浦を濱田岳、サチの厳格な父親・和夫を伊東四朗、ヒキタ夫妻の主治医・桑島を山中崇が演じ、随所に魅せる個性派俳優たちの名演にも注目だ。


また、同作は4月に開催される「第9回北京国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが決定した。ワールドプレミアとして、10月の日本公開に先駆け、世界へ向けての初お披露目となる。

1/2ページ