高良健吾の色気がすごい「多十郎殉愛記」場面写真一挙解禁

映画・舞台 公開日:2019/03/21 15
この記事を
クリップ

菅原文太「木枯らし紋次郎」シリーズ、「まむしの兄弟」シリーズ、「真田幸村の謀略」(1979年)など、50年以上に渡り数々の娯楽大作を世に送り出してきた中島貞夫監督の20年ぶりの長編時代劇で高良健吾主演「多十郎殉愛記」が、2019年4月12日(金)より全国公開となる。

このたび、高良健吾の色気あふれる本作の場面写真が解禁された。




幕末の京都。親の残した借金から逃げるように脱藩して風雲急を告げる上洛してきた長州脱藩浪人・清川多十郎。大義も夢もない多十郎は好意を寄せるおとよの想いに気付きながらも、孤独であろうと日々を無為に過ごしていた。京都見廻組による取り締まりが強まる中、腹違いの弟・数馬が脱藩し、兄の元へとやってくる。その頃、町方からの注進で多十郎の存在を知った見廻組は、新撰組に先んじて手柄を立てようと多十郎の捕縛に動き出す。すべてを捨てた男。そんな男を愛した女。慕っていた兄を追う弟。三者三様、それぞれの想いを胸に、見廻組との死闘が繰り広げられる。果たして3人の運命は―。

本作は「京都撮影所の伝統である“ちゃんばら”を後世に伝えたい」という熱い思いから、日本映画界のレジェンドである中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとった、平成最後の“ちゃんばら”時代劇。

根無し草のように生きながらも、ひとたび剣を持てば凄まじい強さと色気を放出する新ヒーロー、多十郎を演じるのは、本作で初の本格的な“ちゃんばら”に挑んだ高良健吾。儚げな表情の中に芯の強さを秘めた、ワケありの小料理屋女将おとよ役には多部未華子。そして、大志を抱いて京へ上ってきた多十郎の弟・数馬を木村了、後に“維新の三傑”と呼ばれた桂小五郎を永瀬正敏、多十郎に前に立ち塞がる最強の敵・溝口蔵人を寺島進が演じる。また、本作には中島監督の一番弟子である熊切和嘉が監督補佐として参加。

そんな本作より、多十郎がおとよと見つめ合うシーンや、本作の見どころの殺陣シーンを切り取った場面写真を一挙解禁。殺陣のシーンの場面写真では、眼光鋭く溝口蔵人(寺島進)と対峙していたり、多くの敵に囲まれている弟・数馬(木村了)とのシーンなど、多十郎が直面する修羅場での鬼気迫る表情や、緊迫感と躍動感がヒシヒシと伝わってくる。また、筆を咥える姿やおとよを見つめる眼差しは、どこか男の色気を漂わせている。高良健吾が演じる多十郎の、“侍としての迫力”、“男としての魅力”を存分に味わうことができる。

日本映画界のレジェンド・中島貞夫監督×高良健吾による平成最後にして最強の“ちゃんばら”時代劇の誕生を確信させる場面写真となっている!


■「多十郎殉愛記」
2019年4月12日(金)全国公開
配給:東映/よしもとクリエイティブ・エージェンシー 
©「多十郎殉愛記」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 7件)