知英 色気漂うセクシーな喰種に、『東京喰種2』出演決定

映画・舞台 公開日:2019/03/18 12
この記事を
クリップ

女優の知英が、2018年7月19日全国公開の映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演することが発表された。

本作は、2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数3700万部を誇る超人気コミックスを実写化。2017年7月29日には実写映画『東京喰種 トーキョーグールが世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな本作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』として、7月19日(金)に全国公開される。




食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、人間でありながら喰種としての能力に目覚めた金木研 (カネキ ケン/窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。カネキの最大の宿敵である喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)役に山本舞香、西尾錦(ニシオ ニシキ)役に白石隼也、永近英良(ナガチカ ヒデヨシ)役に「超特急」の小笠原海、笛口雛実(フエグチ ヒナミ)役に桜田ひより、亜門鋼太朗役に鈴木伸之、ウタ役に坂東巳之助、芳村役に村井國夫、四方蓮示(ヨモ レンジ)役に栁俊太郎、小坂依子(コサカ ヨリコ)役に森七菜、西野貴未(ニシノ キミ)役に木竜麻生と、注目の実力派俳優が次々と解禁となり、注目を集めている。

日本のK-POPブームをけん引した女性アイドルグループ「KARA」のメンバーとして活躍後、現在は女優としてドラマ、映画、舞台と幅広く活動中の知英。最近も、ドラマ「家売るオンナの逆襲」(NTV系)へのゲスト出演で話題に。そんな彼女が本作で演じるのは、四方やウタの幼馴染で、バー「Helter Skelter」を経営している情報通の喰種・イトリ。映画初登場とあるキャラクターで、主人公カネキが必要とする情報の交換条件として、月山が主宰する「喰種レストラン」の調査を依頼するという役どころだ。どこか妖しい色気が漂う謎の喰種・イトリを演じることで、女優・知英の新境地にも期待が高まる。

知英(ジヨン 役)コメント
イトリを演じさせてもらいました、知英です。本番前のリハーサルでは監督と主役の窪田さん他キャストさんたちとシーンについてじっくり話し合いました。窪田さんには現場でイトリのキャラクターとしての細かい提案をしてもらったりと、とても助けられた部分があり感謝してます。読者の皆さんから愛されてるキャラクターの一人でもありますのでプレッシャーもありましたが、現場のみんなでイトリを作り上げられたのかもしれません。独特な店内のセットでの撮影での魅惑のイトリを見てほしいです。そして今後のイトリがどうなって行くのか、、撮影は終わりましたがとても楽しみに思います。


©石田スイ/集英社   ©2019「東京喰種 トーキョーグール2」製作委員会








この記事の画像一覧 (全 2件)