“絶世のブス”ガンバレルーヤよしこ、落ち込む有村藍里を説得!?

映画・舞台 公開日:2019/03/15 16
この記事を
クリップ

よしこガンバレルーヤ)の初主演作『B の戦場』が、3 月 15 日(金)より全国公開する。

2016年ノベル大賞受賞のゆきた志旗著『B の戦場』(集英社オレンジ文庫刊)を原作に、 “絶世のブス”ゆえに、お姫様のような結婚式を挙げるという幼い頃からの夢をあきらめ、ウェディングプランナーとして働く香澄(ガンバレルーヤよしこ)が、自称“意識の高い B専”である上司の久世(速水もこみち)と出会ったことで巻き起こるラブコメディ。



「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「最高の離婚」など、大ヒット恋愛ドラマの演出を手掛けた並木道子が満を持して映画監督デビュー!共演には、よしこ演じる香澄のイケメン上司・久世役に速水もこみち、フラワーコーディネーター・武内役で大野拓朗が参加。更には高橋ユウ、有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵など、様々なジャンルで活躍する方々が集結した。

今回解禁になった冒頭映像は、有村藍里演じるウェディングプランナーの花岡がチャペルに立て籠るシーン。高橋ユウ演じる美人プランナーの玲子が担当だったカップルの花嫁が、美人な玲子ではなく花岡に担当を変えて欲しいとお願いしたことに、「それってお前ならブスだから安心だってことでしょ。バカにしてますよ」とショックを受けている様子。

そんな中、一人の女性が前に出る。そして「担当のプランナーが美人で、花嫁の自分が霞むから変えてほしいって言ったご新婦のお気持ち、わかってる?」と、扉越しに語りかけはじめる。「一生に一度の記念すべき日。誰より輝く花嫁でありたいって思うのは自然な感情だと思う。だったら叶えてあげようよ。プロのウェディングプランナーとして」と花岡を説得。反省した花岡がチャペルのドアを開けると、そこにはガンバレルーヤよしこ演じる主人公・香澄のまぶしい笑顔が!“絶世のブス”であるウェディングプランナー香澄の印象的な初登場シーンとなっている。

そして、その後チャペルで速水もこみち演じる久世と初対面するシーンも。周囲からの信頼も厚く、ウェディングプランナーの仕事に誇りを持っている香澄に、この後どのような出来事が待ち受けるのか、気になる続きは映画館でチェックしてみていただきたい。

©ゆきた志旗/集英社 ©吉本興業

【関連商品】


   

この記事の画像一覧 (全 2件)