桜田通、たけし軍団のブラックジョークの嵐にタジタジ「頭が真っ白」

映画・舞台 公開日:2019/03/15 4
この記事を
クリップ

俳優の桜田通が14日、都内で主演映画『ラ』(4月5日公開)の完成披露試写会に共演の福田麻由子、笠松将、ダンカン、そして高橋朋広監督と参加した。



劇中バンド「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平役の桜田は「自分自身挑戦しなければいけない役で、軽い気持ちでは受けられないと思った。高橋監督とプロデューサーの作品に賭ける熱い気持ちを聞いて、こんな熱い人たちと試練の多そうな役を演じることができるんだと楽しみだった」とオファー回想。

“あるもの”と引き換えに慎平にお金をバックアップする恋人・ゆかり役の福田は「パンチの強い役で自分に務まるのか不安があったけれど、挑戦し甲斐のある役。自分の価値観を根本から変えなければとリサーチして臨みました」と熱演報告。元バンドメンバー・黒やん役の笠松は「役名からしてちょい役なのかと思ったら、物語のキーになる役で喜んだ」と打ち明けた。

そんな若手キャスト陣の横にいるのは、保釈時に見せた変装姿の日産自動車前会長カルロス・ゴーン氏!?ではなく、変装コスプレに身を包んだダンカンだった。さっそく「なかなかいい映画になっています。特にピエールの芝居がね」と出演者ではないピエール瀧容疑者の名前を口にしたり、客席の若い女性ファンに向けて「みんな有村架純ちゃんのお姉ちゃんと同じ場所でやったの?」と時事ネタいじり。

たけし軍団ならではのブラックジョークの嵐に桜田は「マジですか?マジですか?ダンカンさん!」と大慌て。ホワイトデーにちなんで「頭が真っ白になったこと」を聞かれると「ダンカンさんの発言を聞くと頭が真っ白になる」とゲッソリしていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ