「翔んで埼玉」有名美容整形企業とコラボ実現「Yes!翔んで埼玉」

映画・舞台 公開日:2019/03/13 8
この記事を
クリップ

2月22日に公開した映画「翔んで埼玉」(主演:二階堂ふみGACKT、監督:武内英樹)、2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに多数のメディアで取り上げられ、話題を呼んだ。武内英樹監督が書店で手に取ったことから始まった本作だが、公開週3日間で週末興行ランキング1位を獲得したことを皮切りに、公開3週目を向かえた今でも驚異の盛り上がりを見せている。

リピーターも続出しメディアを賑わせている本作に、まさかのあの有名美容整形企業とコラボが実現した。




院長自ら出演するユニークなCMが印象的なあの【高須クリニック】と映画「翔んで埼玉」のコラボCMが 3月14日(木)より放映が決定。高須クリニックといえば今までにも、多数の映画作品等とコラボしていることで有名だが、今回は埼玉県を壮大にディスった本作とのコラボ。本作で監督が伝えたかった【地元愛】と渾身の茶番劇となる映画「翔んで埼玉」に共鳴。ここに奇跡のコラボレーションが誕生した。

CMの冒頭では、長い間愛されてきた高須クリニックのCMが流れる中、ナレーションでは「平成が終わり新しい時代が幕を開けようとも、高須クリニックは明るい未来のため愛と笑顔をお届けします。」とナレーションが流れる。そして、作中で印象的な台詞の一つでもある壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が放つ「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ。」のシーンを始め本作の映像が流れる中、最後には「院長、映画「翔んで埼玉」を応援する?しない?」「Yes?orNO?」と院長へ質問が飛び、長年の決め台詞でもある「Yes!高須クリニック!」の台詞が、院長の応援のコメントとしても重なったCMが完成。院長の応援の言葉を受け、さらに勢いを増す映画「翔んで埼玉」が、全国各地へ愛と笑顔をお届けする。


©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会