映画「九月の恋と出会うまで」リピーター続出、高橋一生&川口春奈の魅力

映画・舞台 公開日:2019/03/12 11
この記事を
クリップ

“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に輝いた松尾由美による小説が映画化!しかも高橋一生氏×川口春奈氏の実力派俳優W主演ということで大注目の映画『九月の恋と出会うまで』。

封切り直後から時空を超える切ないウソと一途な想いに涙する者続出というこの『九月の恋と出会うまで』の大ヒットを記念し、3月12日(火)には新宿ピカデリーにて公開記念舞台挨拶が行われた。




今回初共演となる高橋一生川口春奈。しかも、高橋はこの『九月の恋と出会うまで』で恋愛映画初主演ということで、舞台挨拶ではどのようなサプライズが飛び出すのかと注目が高まっていたのだが、なんと客席後方から白バラを1本ずつ観客に手渡しつつ登場という嬉しすぎ演出で登場。この演出には客席も大盛り上がりとなり、なかなか始まらないという事態となってしまうほど。

この日の舞台挨拶は映画終演後に行われたのだが、映画開演前に間違って客席のドアを開けてしまったという高橋。すると、『九月の恋と出会うまで』上映と舞台挨拶を楽しみにやって来たカップルとバッタリ出会ってしまい、まさかのご本人登場に驚いたカップルは、高橋に対し「(映画を)観るっ!」とだけ伝えてくれたというエピソードを公開し会場を沸かせた。

このような観客のリアルな反応というのは高橋、川口ともに嬉しいようで、川口は「優しい気持ちになれたよ~といった言葉がたくさん届いて嬉しいです。本当にみんな細かくみてくれてる」とその喜びを語った。

肝心の映画の方は、1度だけではなく2度3度と“観るっ!”というリピーターも続出となっており、そんなリピーターの間でも「何度観ても泣ける」という「もう一度見たいあのシーン」の投票結果が発表されることに。そこでは、高橋扮する「平野が、思い出の写真を見て泣き崩れるシーン」が選出され、この結果には川口も「私もここの高橋一生さんの表情で泣かされた!ゾクッときた。本当に切ないんです!」と納得の様子だった。

また、舞台挨拶後半では客席のファンとの交流という一幕もあり、寄せられた「泣いているシーンでは、涙は自然と出るんですか?」との質問に対し、川口は「この映画に関しては自然と涙がこぼれました。台本を読んでいる段階でグッとくるものがありました。撮影では平野さん(高橋一生)が眼の前に立ってくれただけで、自然と涙があふれる感情になれました」と語り、高橋も「泣くぞ!って泣き方はしない。そのままで出ればという感じ。泣かなきゃって思うと泣けなくなっちゃうので。普段は全く泣かないんですが、お芝居のときだけ感情が豊かになってるのかも知れない」と自身を振り返った。

最後には「今日で映画を見るのが7回目」というヘビーユーザーにも見送られながら会場を後にした高橋と川口。「大切な人と何回でも見て頂けたら嬉しいです」と川口が残した言葉通り、これからも『九月の恋と出会うまで』はリピーターを量産し続けるかも知れない。


この記事の画像一覧 (全 4件)