伊藤健太郎、アカデミー賞受賞監督から「ムービースター」と太鼓判

映画・舞台 公開日:2019/03/05 14
この記事を
クリップ
}/

俳優の伊藤健太郎が5日、都内で行われた第91回アカデミー賞作品賞『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督来日記者会見にゲスト出演した。




ファレリー監督から「あっという間にスーパースターになった気分はどうですか?アカデミー賞新人俳優賞を獲ったんでしょう?」と巨匠からブレイクぶりを褒められた伊藤は「自分でもビックリしていて、追いついていないです」と照れるも「いつかハリウッドにも行ってみたい。役者としての目標でもあるので、機会があれば」と意欲的。


それに「伊藤さんはどこに行っても素晴らしい仕事をするタイプ。いつか僕と仕事をしてください。あなたにはムービースターらしさを感じる」とのラブコールに伊藤は「え、そうですか?あまり言われたことがないので…ハハハ」とこそばゆそうで「今の言葉を忘れずに頑張りたい。いつかハリウッドに行ったら、監督に『あの時のお言葉を忘れてはいないですよね?』と言います」と誓いを立てていた。


本作のアカデミー賞作品賞とマハーシャラ・アリの助演男優賞受賞を見事に的中させたという伊藤。初対面となるファレリー監督へ「映画に登場する車種の候補は他にありましたか?」、「コメディを撮る上で心掛けていることは?」などと積極的に質問。ただ緊張のせいか、司会からさらなる質問を求められると「え、すべて出し切ったんですけど…」と焦りを見せて、「え~と…好きな食べ物は何ですか!?」と会心の質問で会場を爆笑させた。

この記事の画像一覧

関連タグ