浅川梨奈、アクションシーンで「人間辞めたくなった」ハプニングを明かす

映画・舞台 公開日:2019/03/02 8
この記事を
クリップ
}/

元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が2日、都内で行われた主演映画「血まみれスケバンチェーンソーRED」(2月22日公開)のヒット御礼舞台挨拶に、共演のあのゆるめるモ!)、日高七海佐野いずみと登壇した。

「月刊コミックムービー」(KADOKAWA)で連載された三家本礼原作の痛快アクション漫画を実写化。2016年に公開された映画「血まみれスケバンチェーンソー」のスタッフが再集結、キャストを新たにさらなる衝撃作が誕生した。本作のストーリーは、「うぐいす学園」に通うセーラー服に下駄という奇抜な服装の解体屋の娘である主人公、鋸村ギーコ(浅川) が、クラスメイトを改造死体にしていくというマッドサイエンティストのネロ(あの)や、迫りくる有象無象の敵に改造チェーンソーを武器に挑んでいく物語。



冒頭の挨拶で浅川は「私事ですが、さきほど台場駅の階段でずり落ちまして、腰と腕を強打し青あざを作っております。今日はよろしくお願いします」と暴露し、舞台挨拶はスタート。今日のイベントでは座長の浅川が司会を受け持ち、完全女子会形式でトークが繰り広げられた。

浅川は印象的だったシーンについて「ライブシーンが印象的。ファンの方々を撮影するシーンがあるのですが、一番気分を害する4DXを使っているのがこのシーン(笑)。大人の悪ふざけが詰まっています。それにこの作品はツッコミを入れてしゃべりながら観てほしい!ツッコミ上映をしたい!」と話すと、佐野も「試写の時も観ていて突っ込まずにはいられなかった。(浅川・日高・佐野の)3人で観ていたんですけど、まぁうるさい(笑)!」と試写時のエピソードを明かした。浅川は「本当に観ていてツッコんじゃうので、応援上映をやってみたい」とかなり意欲的に語った。

また劇場に訪れたファンからの質問に答えるコーナーで劇中のアクションシーンについて聞かれると、浅川はあのとのアクションシーンを振り返り、「あまりアクションをやったことない2人だったから、ラストシーンは8時間耐久だった」と話し、「(あのを)一回マジで殴ってしまったことがあって、人間辞めたくなった。終わったあと「ごめん!ごめん!ごめん」って言いまくった。すれすれでアクションをやっていたから怖かった」と明かすと、あのも「でもそのまま続けたらOKがでた。怖かったけど楽しかった」と語り、と激しいアクションシーンでのハプニングを明かした。