小野賢章が女性陣に振り回される…実写映画封切り「こんな僕ですいません」

映画・舞台 公開日:2019/02/23 8
この記事を
クリップ

声優の小野賢章が23日、都内で行われた主演映画「お前ら全員めんどくさい!」初日舞台挨拶に出席。数々のアニメ作品で声を吹き込んでいる小野だが、同作で実写映画初主演を飾る。「(初日を)無事迎えられて本当に感慨深い。こんな僕ですいませんという気持ち。こんなに多くの人に来てもらってうれしい」と初座長の心境を語った。


「COMIC メテオ」で連載中のマンガが原作で、高校教師が、肉食女子・女王様キャラなど個性豊かな女子生徒から次々と恋のアプローチをかけられ、振り回されるドタバタ学園コメディーを描く。


小野は高校教師の國立国彦役で初主演となり、「アニメとか舞台とかやらせていただく機会は多いですけど、映像主演は初めてで、僕かぁと思っていた」としみじみ。主演とはいったものの、台本を読んで主役はここにいる女性陣かなという思いが強かった。主役よりは思いっきり振り回されに行くぞという感じで気軽に臨んだ。振り回されてめちゃくちゃめんどくさかったですけど、撮影は楽しかった」と約2年前の撮影を振り返った。




先生という役柄もあり、撮影では“大人でいること”を意識。小野は「普段は、10代後半から20代前半だったり、世界を守ったり命をかけて戦ったりする役を演じていますが、実際は29歳なので等身大で演じれば大人に見えるのかなと。監督に『いまの子供っぽくなかったですか?』と逐一確認しましたね」。また、授業シーンの撮影がなかったことに触れ「授業の撮影があればしっかり頭に入れないとでしたが、ラッキーなことにそんなに面倒くさいシーンはなかった」といい、笑わせていた。


アニメ「プリパラ」の真中らぁら役で知られ、声優アイドルユニット・i☆Risのメンバーの茜屋日海夏は、本作でツンデレの委員長を演じた。茜屋日はキャラクターについて「“あんたのことなんて好きじゃないんだからね!”という直球のツンデレではなかった」と紹介すると、横にいた小野が「“あんたのことなんて好きじゃないんだからね!”の部分は(声優の)本域でやってほしかった…」とリクエスト。茜屋日は照れながらも“本域”のアニメ声で披露すると、会場から喜びの声が上がった。


そのほか、舞台あいさつには小宮有紗大原優乃都丸紗也華、宝来忠昭監督も登壇した。

この記事の画像一覧 (全 7件)