“トラ泣き”中毒者続出中、キスマイ北山宏光“にゃんかわ頬ずり”カット初解禁

映画・舞台 公開日:2019/02/22 11
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2北山宏光が映画初出演にして初主演を飾り、多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ富山えり子要潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結した「トラさん~僕が猫になったワケ~」が絶賛公開中。


公開を迎え、SNSでは、「想像をはるかに超える感動作」「まさかの猫スーツにこんなに泣かされるとは」「新しい感動のパターン」「最後の結末が悲しいだけで終わらない」「何度も観たくなる」「久々に親を映画に誘いたくなった」などの声が続々とあがっており、北山扮するキュートなトラさんの姿はもちろんのこと、温かくも切ない物語、そしてファンタジーな世界観、筧昌也監督のセンスが光る演出が反響を呼んでいる同作。


今回公開となった画像は、北山扮するトラさんが、娘の実優と頬ずりする、にゃんとも可愛い姿を捉えた新カット。場面は、寿々男の葬式が執り行われた日の夜。トラ猫の姿で現世に戻った寿々男が娘の実優に拾われ、“トラさん”と名付けられる、トラさん誕生の瞬間のシーン。前世ではイヤがられていた実優から積極的に近づいてきてくれることに、「こんなの何年ぶりだー!」と喜ぶ寿々男は、しばらく猫としての気楽な生活を満喫するが、やがて愛する奈津子や実優のために、いまの自分(=猫の姿)では何もしてあげられないことに気付いていく…。寿々男の葬式での実優や奈津子とトラさんのやりとりは、鑑賞者の間でも反響が高く、同シーン以外にも、実優からマグロを食べさせてもらうトラさんが自然とガリに手を伸ばすシーンや、「トラさんを飼いたい」と実優にせがまれた奈津子がオスかメスかを確かめるべくトラさんの股を大きく開くシーンなど、コミカルなシーンがてんこ盛り。悲しいシーンのはずなのに笑えるかわいさが満載だ。特に、「台本に書かれていない余白の部分でどれだけ監督をクスリとさせられるか、台本を読みながらいつも考えていた」という北山のアドリブから生まれたという“ガリを食べる”シーンは必見。通常、猫としては考えられない行為だが、メガホンをとった筧監督が「形態模写をし過ぎると擬人化している意味がなく、実写映画=俳優の魅力を出すことの意味を熟考し、その塩梅は常に意識した」と語る通り、北山、多部、平澤の自然体な演技合戦によって、全く違和感のない世界感が作り上げられている。


映画初出演にして、初主演、そしてこだわりの猫スーツに身を包み、満を持して挑んだ初猫役に挑戦した北山。「ハマリ役」「北山くんにしかできない」とマスコミからは賞賛の声、監督に「こんな役者いたんだと映画界に見つかっちゃったな」と言わしめるほどの好演ぶり。「素晴らしいキャストの皆さん、スタッフの皆さんとともに、沢山の愛情をこめてつくった映画」と自信を覗かせる北山の本気の猫演技は、まさに映画史に残ること請け合いだ。一見の価値ありの同作を、大切な人とぜひ劇場で。


出演:北山宏光多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ富山えり子要潤バカリズム

原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)

監督:筧 昌也 脚本:大野敏哉 音楽:渡邊 崇 主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)

配給:ショウゲート 

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会