伊藤健太郎&松本穂香、映画「きみと、波にのれたら」出演決定

映画・舞台 公開日:2019/02/18 13
この記事を
クリップ
}/

仏・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(17年)、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、Netflixで全世界配信中の「DEVILMAN crybaby」など数々の話題作を世に送り出し、疾走感と躍動感に溢れる自由闊達な映像表現で、日本のみならず世界を魅了してきた鬼才・湯浅政明。

活躍の勢いがとどまることを知らない湯浅監督待望の最新オリジナルアニメーション映画『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)に全国公開。本作は、海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。若者を中心に絶大な人気を誇るダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太<雛罌粟 港(ひなげし みなと)役>とドラマや映画、CMで幅広く活躍中の女優・川栄李奈<向水 ひな子(むかいみず ひなこ)役>の豪華W主演でも話題の本作だが、<港(みなと)>と<ひな子>に関わる重要なキャラクターを、現在最も勢いのある若手俳優の2人・松本穂香伊藤健太郎が演じることが明らかになった。




港とひな子は恋人同士となるが、港がある事故で命を落としてしまう。憔悴するひな子がふと二人の思い出の歌を口ずさむと港が水の中から現れて…!という物語において、松本穂香が演じるのは港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生<雛罌粟 洋子(ひなげし ようこ)>。ブレイクの登竜門として位置付けられている、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」、TBS系列の日曜劇場「この世界の片隅に」では、オーディションで約3,000人の中からヒロインに大抜擢されるなど注目を浴びている若手女優。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズでコミカルな演技も披露し、幅広い演技力で話題に。2019年1月からは主演ドラマ「JOKER×FACE」がスタートしドラマ、CMに大活躍中だ。昨年だけでも3本の映画に出演し今年も続々と話題作への出演が決定している今最も注目を集める若手女優である松本は、今回が声優初挑戦。以前より声優へも挑戦してみたいと語っており、念願の声優デビューが鬼才 湯浅政明監督の作品で果たされる形となった。慕っていた兄を亡くしてしまった妹という難しい役どころをどう演じるかに注目だ。

そして伊藤健太郎が演じるのは 港の後輩で新人消防士の<川村 山葵(かわむら わさび)>。映画、ドラマに引っ張りだこ、ドラマ「今日から俺は!!」での伊藤真司役の熱演が大きな話題を呼び、日本アカデミー賞 2019年(第42回)新人俳優賞を受賞。先日発表された、オリコンが運営するエンタメ情報サイト「デビュー」の今年さらなる飛躍が予感される“2019年ネクストブレイクランキング”において、男優部門の第1位に選ばれるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの伊藤は、アニメーション映画への声の出演としては2作目の挑戦となる。人懐っこい性格で、消防士としてはまだ半人前の、港を慕っている後輩という役どころに挑む。

1/2ページ

この記事の画像一覧