「翔んで埼玉」二階堂ふみ&GACKT、関西で続編を作るなら「どこにあるんだ和歌山」

映画・舞台 公開日:2019/02/14 9
この記事を
クリップ
}/

二階堂ふみGACKTが主演を務める映画「翔んで埼玉」(2月22日公開)。この度、2人は全国でのPR活動を終えた。2月7日、二階堂ふみと、本作のメガホンを執った武内英樹監督、共演者で埼玉育ちのブラザートムが、本作の公開に先駆け埼玉県知事に「映画で埼玉を壮大にディスった」ことを、謝罪した。その際、本当はこの映画では埼玉への愛が込められていることを説明すると共に、これから行われる全国キャンペーンにて、各地で埼玉の魅力を伝えて来ます!と約束。それから1週間もたたぬうちに、無事公約を果たし、主演の2名で福岡・大阪・名古屋を2日間の弾丸スジュールで駆け巡った。折しも、映画の中では、全国に実は埼玉が蔓延している・・・「日本埼玉化計画」というフレーズが出ているが、それになぞらえ、各地の名所を“埼玉”に染めた。

また、14日はバレンタインデーということで、一足お先に二階堂・GACKTから埼玉銘菓草加せんべいをチョコレート代わりに(!?)プレゼント!埼玉と愛をお届けしてきた。




【福岡】2/12 13:00イベント開始@キャナルシティ博多
最も間近で二人を見られる席を求めて、早い方は早朝6時から列を作っていた。イベント終了時には、福岡の観客も“埼玉ポーズ”を行い、客席と一体になって写真を撮影。福岡も“埼玉化”してきた。

二階堂:男の子役を演じて、とても楽しかったです。男性だからこそのシーンってあると思うのですが、今回はそれに挑戦できました。こういうぶっ翔んだ設定の作品も映画にさせてもらって、埼玉は本当に寛大な場所で・・・。そういえば埼玉は撮影で結構ロケをさせてもらうことも多くて、お世話になっているなと思いますね。

GACKT:埼玉の魅力ね・・・何もないんです。何もないところがいい所なんです、って埼玉の人は皆さん口をそろえて言いますよね。埼玉の人は基本的にいい人が多いと思います。ボクはずっと言ってるんですよ。次に作るなら「翔んで宮崎」だって言ってるんですけどね。

1/2ページ

この記事の画像一覧