吉田鋼太郎演出、松坂桃李主演「ヘンリー五世」初日開幕

映画・舞台 公開日:2019/02/09 8
この記事を
クリップ
}/

吉田鋼太郎演出、 松坂桃李主演の彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』が昨夜2月8日(金)埼玉・彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて開幕した。 

1998年のスタート以来、 芸術監督蜷川幸雄のもとで、 国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピア・シリーズ。 シリーズ2代目芸術監督に就任した吉田鋼太郎演出の第2弾。 




ギター、 パーカッションによる迫力の生演奏と、 シンプルでありながら舞台中央にそびえ立つ砦のセット、 その砦を上から下へ右から左へと舞台を最大限に使った大迫力の殺陣、 戦場から豪華絢爛な王宮までどんな場面でも表現する魅力的な照明。 難解といわれるシェイクスピアの歴史劇が一大エンターティメントに仕上がった。 戦いに次ぐ戦いで息もつかせぬ3時間(休憩込)となっている。 

『ヘンリー四世』では国王陛下の放蕩息子’ハル王子と、 ‘無頼者の酔いどれ騎士’フォルスタッフとして共演した松坂桃李吉田鋼太郎の信頼関係が、 今回は主演と演出家としてカンパニーをまとめ、 作品に良い緊張感と力強さを与えている。

気品と勇敢さ、 そして人間らしさも持ち合わせた松坂桃李のイングランド王・ヘンリー五世。 演出としても、 そして作品の各幕で観客をいざなう説明役(コーラス)としても物語を綴る吉田鋼太郎。 

フランス皇太子役の溝端淳平はヘンリー五世のライバルとして鬼気迫る執念をみせ、シリーズに欠かせない名優、 横田栄司はフランス王として威厳を放つ。 無頼漢のピストル役、 シェイクスピア・シリーズ初参加の中河内雅貴が新しい風を吹き入れ、吉田からその演技力で信頼と期待を寄せられる河内大和も作品を盛り上げる。 


<演出・出演:吉田鋼太郎コメント>
6年前、 シェイクスピアの台詞を既に自分のものにしていた松坂桃李くんが、 更に大きな進化を遂げていることに感動をおぼえる稽古の日々でした。ヘンリー五世は、 まさに彼のような“選ばれし俳優”が挑むにふさわしい、 魅力的なシーンが詰め込まれたやりがいのある役です。それでいて、 全ての役者に見せ場がある群像劇でもあります。独白あり、 怒りあり、 涙あり、 汗もあり、 笑いも愛もある、 このカンパニーでしか出来ない『ヘンリー五世』に仕上がったと思います。 ぜひ劇場でご覧下さい。

<主演 ヘンリー五世役:松坂桃李コメント>
『ヘンリー四世』から『ヘンリー五世』へのバトンを繋げられるようなものにしたいです。 例え『ヘンリー四世』を観ていなかったとしてもわかるような内容にもなっています。 葛藤や苦悩など、 内面的な部分を含め観ている方たちにしっかり伝えていきたいです。『ヘンリー四世』のときよりも運動量・頭脳量ともにパワーアップしています。 特に戦闘シーンは非常に迫力があって、 生演奏でもあるので、 楽しんで頂けると思います。
国を治め上に立つ人間の本音が垣間見える瞬間は、 この『ヘンリー五世』の見どころだと思います。

(舞台写真撮影:宮川舞子)

埼玉公演は24日(日)まで彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて上演。 その後仙台、 大阪と2箇所を巡る。上演時間は1幕80分、 休憩 15分、 2幕90分の計3時間5分。


この記事の画像一覧